触媒燃焼 触媒燃焼の概要

触媒燃焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/22 04:49 UTC 版)

概要

白金パラジウムなどは非常に触媒効果が高く、水素酸化には白金が、メタンの酸化にはパラジウムが特に強い能力を発揮する。その効果を利用した白金カイロは、ガソリンアルコールを白金面上で燃焼させて熱を出す仕組みである。

火鉢炭火こたつの中のカリウム塩やナトリウム塩の触媒効果を利用したものであり、空気の流通の悪いところでもゆっくりとした燃焼を持続させる働きがある。

参考文献





「触媒燃焼」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「触媒燃焼」の関連用語

触媒燃焼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



触媒燃焼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの触媒燃焼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS