発熱 発熱の概要

発熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/16 01:37 UTC 版)

発熱
38.7 ℃の体温を示しているアナログ体温計
概要
分類および外部参照情報
ICD-10 R50
ICD-9-CM 780.6
DiseasesDB 18924
eMedicine med/785
MeSH D005334
ミカエル・アンカー、 "病気の少女"、1882年、コペンハーゲン国立美術館

発熱は、深刻ではないものから生命を脅かすものまで、さまざまな病状によって引き起こされ[1]、それには風邪尿路感染症髄膜炎マラリア虫垂炎など、ウイルス性、細菌性、寄生虫性の感染症などが挙げられる[1]。感染症以外の原因には、血管炎、深部静脈血栓症、薬の副作用、などがある[1]熱中症は、過度の発熱または放熱不足によって、設定温度を超えて体温が上昇していることをさす[2]

一般的に発熱を下げることは必要ではない[3][4]。しかしながら、それに伴う疼痛や炎症を管理することは有用であり、患者の安静に役立ちうる[4]。イブプロフェンやアセトアミノフェンなどの薬は熱を下げることに役立つ[4][5]。しかし、額に冷たい布を乗せる、ぬるい風呂に入浴するといった方法は無意味であり、患者を単にさらに不快にさせうる[4]。3ヵ月未満の小児、深刻な病気を持つ者(たとえば免疫障害)、他の症状を併発する者については医学的注意が必要となる[6]

発熱は最も一般的な医学的兆候の一つである[3]。それは医療受診理由として、子供においては約30%[3]、重い病気を持つ成人では約70%を占める[7]。しかしながら発熱は、有用な防御メカニズムであるが、それを治療するかどうかによって、病気が悪化することはないようである[8][9]。発熱について親や医療従事者らは、現実よりも大きな懸念を抱いており、これは熱恐怖症と呼ばれている[3]


  1. ^ a b c An introduction to clinical emergency medicine (2nd ed.). Cambridge: Cambridge University Press. (2012). p. 5. ISBN 9780521747769 
  2. ^ a b c Axelrod YK, Diringer MN (May 2008). "Temperature management in acute neurologic disorders". Neurol. Clin. 26 (2): 585–603, xi. doi:10.1016/j.ncl.2008.02.005. PMID 18514828
  3. ^ a b c d Section on Clinical Pharmacology and, Therapeutics; Committee on, Drugs; Sullivan, JE; Farrar, HC (March 2011). “Fever and antipyretic use in children.”. Pediatrics 127 (3): 580–7. doi:10.1542/peds.2010-3852. PMID 21357332. 
  4. ^ a b c d Richardson, M; Purssell, E (September 2015). “Who's afraid of fever?”. Archives of Disease in Childhood 100 (9): 818–20. doi:10.1136/archdischild-2014-307483. PMID 25977564. 
  5. ^ An introduction to clinical emergency medicine (2nd ed.). Cambridge: Cambridge University Press. (2012). p. 401. ISBN 9780521747769 
  6. ^ Fever”. MedlinePlus (2014年8月30日). 2009年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月閲覧。
  7. ^ Kiekkas, P; Aretha, D; Bakalis, N; Karpouhtsi, I; Marneras, C; Baltopoulos, GI (August 2013). “Fever effects and treatment in critical care: literature review.”. Australian Critical Care 26 (3): 130–5. doi:10.1016/j.aucc.2012.10.004. PMID 23199670. 
  8. ^ Schaffner, A (March 2006). “[Fever--useful or noxious symptom that should be treated?].”. Therapeutische Umschau. Revue therapeutique 63 (3): 185–8. doi:10.1024/0040-5930.63.3.185. PMID 16613288. 
  9. ^ Niven, DJ; Stelfox, HT; Laupland, KB (June 2013). “Antipyretic therapy in febrile critically ill adults: A systematic review and meta-analysis.”. Journal of critical care 28 (3): 303–10. doi:10.1016/j.jcrc.2012.09.009. PMID 23159136. 
  10. ^ Marx, John (2006). Rosen's emergency medicine: concepts and clinical practice. Mosby/Elsevier. p. 2239. ISBN 978-0-323-02845-5
  11. ^ Karakitsos D, Karabinis A (September 2008). "Hypothermia therapy after traumatic brain injury in children". N. Engl. J. Med. 359 (11): 1179–80. doi:10.1056/NEJMc081418. PMID 18788094
  12. ^ a b Laupland KB (July 2009). “Fever in the critically ill medical patient”. Crit. Care Med. 37 (7 Suppl): S273–8. doi:10.1097/CCM.0b013e3181aa6117. PMID 19535958. 
  13. ^ Grunau BE, Wiens MO, Brubacher JR (September 2010). "Dantrolene in the treatment of MDMA-related hyperpyrexia: a systematic review". CJEM. 12 (5): 435–442. PMID 20880437. Dantrolene may also be associated with improved survival and reduced complications, especially in patients with extreme (≥ 42°C) or severe (≥ 40°C) hyperpyrexia
  14. ^ Sharma HS, ed. (2007). Neurobiology of Hyperthermia (1st ed.). Elsevier. pp. 175–177, 485. ISBN 9780080549996. 2016年11月19日閲覧Despite the myriad of complications associated with heat illness, an elevation of core temperature above 41.0°C (often referred to as fever or hyperpyrexia) is the most widely recognized symptom of this syndrome.
  15. ^ Matsumura et al., J. Neurosci. 18:6279-6289 (1998).
  16. ^ Nakamura et al., J. Neurosci. 22:4600-4610 (2002).
  17. ^ Nakamura et al., Eur. J. Neurosci. 22:3137-3146 (2005).
  18. ^ Nagashima et al., Auton. Neurosci. 85:18-25 (2000).
  19. ^ 成人の発熱 MSDマニュアル家庭版
  20. ^ a b Fever”. Medline Plus Medical Encyclopedia. U.S. National Library of Medicine. 2009年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月20日閲覧。
  21. ^ What To Do If You Get Sick: 2009 H1N1 and Seasonal Flu”. Centers for Disease Control and Prevention (2009年5月7日). 2009年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月1日閲覧。
  22. ^ Drewry, Anne M.; Ablordeppey, Enyo A.; Murray, Ellen T.; Stoll, Carolyn R. T.; Izadi, Sonya R.; Dalton, Catherine M.; Hardi, Angela C.; Fowler, Susan A. et al. (February 2017). “Antipyretic Therapy in Critically Ill Septic Patients”. Critical Care Medicine: 1. doi:10.1097/CCM.0000000000002285. PMC 5389594. PMID 28221185. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5389594/. 
  23. ^ a b “Efficacy and safety of acetaminophen vs ibuprofen for treating children's pain or fever: a meta-analysis”. Arch Pediatr Adolesc Med 158 (6): 521–6. (June 2004). doi:10.1001/archpedi.158.6.521. PMID 15184213. 
  24. ^ “Paracetamol and ibuprofen for the treatment of fever in children: the PITCH randomised controlled trial”. Health Technol Assess 13 (27): iii–iv, ix–x, 1–163. (May 2009). doi:10.3310/hta13270. PMID 19454182. 
  25. ^ “Systematic review and meta-analysis of the clinical safety and tolerability of ibuprofen compared with paracetamol in paediatric pain and fever”. Curr Med Res Opin 25 (9): 2207–22. (September 2009). doi:10.1185/03007990903116255. PMID 19606950. 
  26. ^ インフルエンザによる発熱に対して使用する解熱剤について(医薬品等安全対策部会における合意事項)”. 厚生労働省 (2001年5月30日). 2015年11月3日閲覧。


「発熱」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「発熱」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

発熱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



発熱のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発熱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS