暗所恐怖症 暗所恐怖症の概要

暗所恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 15:14 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

患者には暗闇への異常で持続的な恐怖があり、暗闇が非常に恐ろしいものではないということが頭では分かっていても、不安を経験する。治療法は他の特定の恐怖症と共通する(「特定の恐怖症#治療」を参照)。

暗所恐怖症は子供に発症することが多い。

治療

暗所恐怖症の治療には、曝露療法(エクスポージャー)が用いられる。治療者は、患者が暗闇に身を置くことをサポートし、「暗闇に身を置いていても、時間が経過するとともに、徐々に不安感が減少していく」ということや、「暗闇に身を置いても、恐れていることは起こらず、暗闇は危険ではない」ということを実感できるよう支援する。患者が治療に意欲的に取り組めるよう、暗闇として映画館を活用し、好きな映画を観に行くという目標の達成に向けた支援と並行して、暗所恐怖症からの回復をサポートした事例も報告されている[1]

脚注

[脚注の使い方]



「暗所恐怖症」の続きの解説一覧




暗所恐怖症と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「暗所恐怖症」の関連用語

暗所恐怖症のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



暗所恐怖症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暗所恐怖症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS