合成樹脂 複合材料

合成樹脂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 18:22 UTC 版)

複合材料

合成樹脂を用いた複合材料の一種として繊維強化プラスチック(FRP)がある。繊維強化プラスチックの代表的なものにガラス繊維強化プラスチック (GFRP) と炭素繊維強化プラスチック (CFRP) がある。ガラス繊維は引っ張り強度がプラスチックよりはるかに強いので、成型部品の強度向上によく使用される。炭素繊維の強度はガラス繊維より更に強いが高価なので、CFRPは軽くて強い(高価な)素材として航空機等に使用されている[31]。また建材として、合成樹脂と木質系材料(木材や竹など)を微細化した木粉または木繊維を主原料とする木材・プラスチック複合材(WPC)および木材・プラスチック再生複合材(WPRC)があり[32]、主にデッキフェンスルーバー等の外構材として用いられている。

機能性樹脂

形状記憶樹脂

形状記憶樹脂は形状記憶合金と同様に塑性変形された樹脂が所定温度以上に加熱されるともとの形状にもどるという特異な性質を備える樹脂で形状記憶合金に比べて軽量で廉価であり、変形時の形状の自由度が形状記憶合金よりも高いなどの特徴を備える[33][34]

光硬化性樹脂

生産

2012年のプラスチックの世界生産は2億8800トンであり、最大の生産国は中国で5213万トン、以下EUが4900万トン、アメリカ4805万トン、韓国1335万トン、日本1052万トンの順となっていた[35]。プラスチックの生産量は急増しており、2015年には3億2200万トンに達している[36]。日本での生産量は1990年代前半までは増加傾向にあったものの、1997年に1521万トンを記録した後は減少に転じた。その後、2008年までは1400万トン前後の横ばいで推移していたものの、2009年のリーマンショックの影響で生産量が1100万トン台にまで激減し[37]、それ以降は1000万トン前後の生産量で推移している[35][15]

2018年の日本国内生産においては総生産量1067万トンのうちポリエチレンが23.1%、ポリプロピレンが22.1%、塩化ビニールが15.8%を占め、これらを含む熱可塑性樹脂が全体の88.8%、熱硬化性樹脂が9.1%となっていた[15]

処理

廃プラスチックの累積輸出量が多い国・地域(1988年から2016年)

プラスチックは回収してリサイクルすることが可能である。リサイクルには、廃プラスチックを溶融してそのままプラスチックに再生するマテリアルリサイクルと、分解していったん原料に戻し、そこから加工するケミカルリサイクル、そしてプラスチックを燃料化して熱エネルギーを回収するサーマルリサイクルの3つの方法が存在する[38]。プラスチックを再び石油へと戻す、いわゆる油化もリサイクルの一方法であるが、これを原料化とみなすか燃料化と見なすかについては国ごとに差異がある[39]。ただしプラスチックリサイクルのシステムが確立されている国家においても、回収されたプラスチックのすべてがリサイクルや燃料化に回されるわけではなく、他国への廃プラスチック輸出が盛んに行われてきた[40]

2019年にバーゼル条約の改正案が発効したことにより、2021年以降は汚れたプラスチックごみを輸出する際に相手国の同意が必要となった[41]

日本

日本も例外ではなく、2006年にはすでに廃プラスチックの13%が海外輸出へと回されていた[42]。2017年には、排出されたプラスチック903万トンのうちリサイクルされたものが251万トンで、うち149万トンが海外に輸出され処理されていた[43]。しかし主な輸出先であった中国が2017年末に廃プラスチックの輸入禁止を打ち出し、さらにそれに代わる輸出先となっていたタイマレーシアベトナム台湾が2018年に相次いで輸入規制を導入したため、廃プラスチックの国内滞留および国内処理が増加した[44]

2016年時点で海外へのプラスチックごみ輸出量は153万トンだったが、2018年には101万トンまで減少した。減少分は国内で処理されていることになるが、環境省のアンケート調査によると、一部地域において保管上限の超過や受入制限が発生しており、国内においてリサイクル処理施設の整備を進めることが急務となっている[43]


注釈

  1. ^ 物質名称以外の表現で用いる場合、(柔軟で)感受性の強い性格、作り笑いなどの人工的な・不自然な、あるいは形成・造形を指す場合に用いる。

出典

  1. ^ Cassone et al. (2020) は、合成樹脂を摂食する動物を指すことばとして "plastivore" という単語を使用している[21]。これは "plastic"と、「-を食べる動物」を意味する接尾辞"-vore"とを組み合わせた造語である[22]
  1. ^ 合成樹脂製の器具容器包装の規格に関する留意点”. 一般財団法人日本食品分析センター. 2020年12月1日閲覧。
  2. ^ 松藤 & 廃棄物資源循環学会リサイクルシステム・技術研究部会 2009, pp. 2–3.
  3. ^ 桑嶋 & 久保 2011, p. 152.
  4. ^ a b GIBBENS, SARAH (2018年11月20日). “バイオプラスチックは環境に優しいって本当? プラスチック代替品としての潜在能力を専門家に聞いた”. ナショナルジオグラフィック日本版. 2019年12月6日閲覧。
  5. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 164–165.
  6. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 158–159.
  7. ^ 桑嶋, 木原 & 工藤 2005.
  8. ^ 齋藤 2011.
  9. ^ 桑嶋 & 久保 2011, p. 18.
  10. ^ 桑嶋 & 久保 2011, p. 20.
  11. ^ a b c d e f g h i 島崎 1966.
  12. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 88–89.
  13. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 84–87.
  14. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 10–11.
  15. ^ a b c プラスチック循環利用協会 2019, p. 11.
  16. ^ a b c d e 日立ハイテク 2018.
  17. ^ a b c d e f g 日立ハイテク 2017.
  18. ^ a b テクノUMG 2019.
  19. ^ a b c d 冨田 1991.
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Ru, Huo & Yang 2020.
  21. ^ a b c Cassone et al. 2020.
  22. ^ プラスチックを生分解する幼虫と腸内細菌との謎多き関係――環境汚染対策の鍵となるか”. fabcross for エンジニア. MEITEC (2020年3月24日). 2021年12月19日閲覧。
  23. ^ a b 大武 2001.
  24. ^ Taipale et al. 2019.
  25. ^ a b Peng et al. 2020.
  26. ^ 及川 et al. 2003.
  27. ^ Wang et al. 2020.
  28. ^ a b c Jiang et al. 2021.
  29. ^ 中島(神戸) 2007.
  30. ^ a b c Kawai, Kawabata & Oda 2019.
  31. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 124–125.
  32. ^ 神代 & 古田 2014.
  33. ^ 入江 1989.
  34. ^ 入江 1990.
  35. ^ a b トピックス”. 日本プラスチック工業連盟. 日本プラスチック工業連盟. 2019年12月5日閲覧。
  36. ^ https://dot.asahi.com/aera/2018090600044.html?page=2 「スタバ、マックの「脱プラ」 契機はG7と中国のプラごみ輸入規制」中原一歩 アエラドット 2018.9.9 2019年12月5日閲覧
  37. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 46–47.
  38. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 200–201.
  39. ^ 松藤 & 廃棄物資源循環学会リサイクルシステム・技術研究部会 2009, pp. 15–16.
  40. ^ a b c d 日本放送協会. “すべて“量り売り” イギリス最新買い物スタイル”. NHKニュース. 2021年9月17日閲覧。
  41. ^ 汚れた廃プラスチック、バーゼル条約で規制対象に(世界)” (日本語). ジェトロ. 2022年3月23日閲覧。
  42. ^ 松藤 & 廃棄物資源循環学会リサイクルシステム・技術研究部会 2009, p. 14.
  43. ^ a b 環境省_令和元年版 環境・循環型社会・生物多様性白書 状況第1部第3章第1節 プラスチックを取り巻く国内外の状況と国際動向” (日本語). 環境省. 2022年3月23日閲覧。
  44. ^ 行き場を失う日本の廃プラスチック | どうする?世界のプラスチック - 特集 - 地域・分析レポート - 海外ビジネス情報” (日本語). ジェトロ. 2021年9月17日閲覧。
  45. ^ 1カ月「脱プラスチック生活」やってみた。日本は1人のプラゴミの排出量、世界ワースト2位 Business Insider 2019年9月2日
  46. ^ The New Plastics Economy: Rethinking the future of plastics - download the infographics”. www.ellenmacarthurfoundation.org. 2019年12月25日閲覧。
  47. ^ 【ポスト平成の未来学】第6部 共創エコ・エコノミー/ゴミはなくせる/海のゴミ1.5億トン 増加止まらず『日本経済新聞』朝刊2018年4月12日
  48. ^ a b 海洋プラスチック問題について WWFジャパン 2018年10月26日
  49. ^ a b G20大阪サミット前に海洋プラスチック汚染問題解決への政策提言を実施 WWFジャパン 2019年6月14日
  50. ^ DOWAエコシステム 環境ソリューション室 森田 (2018年7月2日). “そうだったのか!マイクロプラスチック問題とは?(1)”. 2019年2月24日閲覧。
  51. ^ 辺境の山地にもマイクロプラスチック、大気中を浮遊 AFP BB NEWS 2019年4月16日
  52. ^ 大気中からもマイクロプラスチック 福岡市内で確認 朝日新聞 2019年11月19日
  53. ^ ナショナル ジオグラフィック (2018年10月24日). “人体にマイクロプラスチック、初の報告”. 2019年2月24日閲覧。
  54. ^ 人体に取り込まれるマイクロプラスチック、年間12万個超 研究 AFP BB NEWS 2019年6月6日
  55. ^ a b Handwerk, Brian. ““太平洋ゴミベルト”の実態調査”. ナショナルジオグラフィック日本語版. 2021年12月18日閲覧。
  56. ^ Dautel 2009.
  57. ^ 太平洋ゴミベルト:プラスチックの濃縮スープとなった海(動画)”. 2014年11月10日閲覧。
  58. ^ 進まないプラスチックリサイクル、温暖化に影響も Forbes Japan 2019年6月1日
  59. ^ a b “房総半島沖の水深6,000m付近の海底から大量のプラスチックごみを発見 ―行方不明プラスチックを探しに深海へ―” (プレスリリース), JAMSTEC 国立研究開発法人海洋研究開発機構, (2021年3月30日), http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20210330/ 2021年4月3日閲覧。 
  60. ^ 欧州議会、2021年までに使い捨てプラスチック製品を禁止することを支持”. 駐日欧州連合代表部. 2019年7月23日閲覧。
  61. ^ 環境省 プラスチックを取り巻く国内外の状況 <第3回資料集> 2019年02月20
  62. ^ 世界基準からズレた日本の「プラごみリサイクル率84%」の実態 Forbes Japan 2019年1月10日
  63. ^ “「海で分解するプラスチック」国が開発企業を支援へ”. NHK NEWSWEB (日本放送協会). (2019年5月6日). オリジナルの2019年5月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190506023151/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190506/k10011906671000.html 2019年5月14日閲覧。 
  64. ^ “海で分解するプラスチック、官民で規格策定へ 国際標準への提案めざす”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2019年5月12日). オリジナルの2019年5月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190513111213/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44697880S9A510C1NN1000/ 2019年5月14日閲覧。 
  65. ^ 安倍首相の「STSフォーラム」あいさつ全文 産経新聞 2019年10月6日閲覧
  66. ^ 安倍首相"海洋プラ問題解決に技術革新" 日テレNEWS24 2019年10月6日閲覧
  67. ^ 日本が直面する、脱プラスチック問題”. ニッセイ基礎研究所. 2019年7月23日閲覧。
  68. ^ Gray, Richard. “What's the real price of getting rid of plastic packaging?” (英語). www.bbc.com. 2019年7月23日閲覧。
  69. ^ Inc, mediagene (2021年4月23日). “無印良品が、ペットボトル容器を廃止。あえて「売れづらいアルミ缶」に素材を変えた理由とは?” (日本語). www.gizmodo.jp. 2021年9月17日閲覧。
  70. ^ 環境負荷が少ないプラスチック食品容器 | プラトレネット”. www.japfca.jp. 2019年9月14日閲覧。
  71. ^ プラスチック循環利用協会 2019.
  72. ^ プラスチックとは|日精樹脂工業株式会社”. www.nisseijushi.co.jp. 2019年9月14日閲覧。
  73. ^ プラ製ストロー逆風こそ商機”. 朝日新聞 (2018年10月25日). 2021年11月1日閲覧。
  74. ^ 「脱プラ製ストロー」で波紋「生分解」引き合い急増の備中化工 国産トップシバセ工業は「分別回収する日本でなぜ」”. VISION OKAYAMA 2018-11-19 (2018年11月19日). 2021年11月1日閲覧。
  75. ^ 棟居洋介, 増井利彦, 「バイオマスプラスチックの普及が世界の食料不安に及ぼす影響の長期評価」『環境科学会誌』 2012年 25巻 3号 p.167-183, , doi:10.11353/sesj.25.167






合成樹脂と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

合成樹脂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合成樹脂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合成樹脂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS