ユニカール ユニカールの概要

ユニカール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/07 18:30 UTC 版)

歴史

オフシーズンでも楽しめるように、氷上ではなくカーペットの上でできるカーリングとして、1979年スウェーデンヨーテボリ出身のカール=オーケ・アールクビスト(Carl-Åke Ahlqvist)によって考案された。「ユニバーサル・カーリング」(みんなのカーリング)を略してユニカールと名付けられている。

日本には1980年代に紹介され、日本ユニカール協会を中心に高齢者障害者も気軽に楽しめるニュースポーツとして普及活動が進められている[1]全国スポーツ・レクリエーション祭では青森大会(青森市、2007年)[2]滋賀大会(木之本町、2008年)[3]にフリー参加種目として実施されたほか、富山大会(舟橋村、2010年)[4]でも予定されている。2007年の秋田わか杉国体では大館市でデモンストレーション種目としてユニカールが行われた[5]

ルール

1チーム3人の2チーム、3対3で対戦する。スタートラインから取っ手のついた専用のストーンを滑らせ、サークルの中心に近づけることを目指す。相手チームのストーンに自チームのストーンをぶつけてサークル外へはじきとばすなどして、ゲーム終了時により多くのストーンが3重円のサークル中央近くにあるチームが勝ちとなる。

参考文献

関連項目

外部リンク


  1. ^ スポーツを楽しむ”. 朗(老)年最前線. 読売新聞 (2006年8月1日). 2009年6月6日閲覧。
  2. ^ 青森県教育委員会. “フリー参加種目”. スポレクあおもり2007. 2009年6月7日閲覧。
  3. ^ 滋賀県庁. “開催種目一覧”. 第21回全国スポーツ・レクリエーション祭 スポレク滋賀2008. 2009年6月7日閲覧。
  4. ^ 富山県教育委員会. “第23回全国スポーツ・レクリエーション祭 種目別大会会場地 (PDF)”. 2009年6月7日閲覧。
  5. ^ 秋田わか杉国体大館市実行委員会. “デモスポ行事”. 2009年6月7日閲覧。


「ユニカール」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユニカール」の関連用語

ユニカールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ユニカールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユニカール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS