モハメド・アリ 来歴

モハメド・アリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/02 01:29 UTC 版)

来歴

幼年期

1942年1月17日にアメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビルのルイビル総合病院で、父カシアスと母オデッサの間に、カシアス・マーセラス・クレイとして生まれた。父親と同じ名前であるため、ジュニアが名前の最後についていた。彼は小学生の頃、父親から誕生日プレゼントにもらった自転車宝物にしており、それに乗ってよく近所にポップコーンアイスクリームをもらいに行っていた。ところが、ある日、誰かに自転車を盗まれ、警察に行った際に対応した警官がボクシングジムのトレーナーもしており、彼に犯人に鉄拳制裁を加えるという意味でボクシングを勧め、その警官のボクシングジムに入った。これが、モハメド・アリがボクシングを始めたきっかけになった。

アマチュア時代

ジムに入門後、アリは8週間でアマチュアボクサーとしてデビューした。対戦相手は、アリ同様にデビューしたてのロニー・オキーフだった。試合は3分3Rで行われ、スプリットデシジョンで判定勝ちした。アリが通っていたジムには、後にWBA 世界ヘビー級王者になるジミー・エリスも通っており、アリはアマチュア時代にエリスと2度対戦し、1勝1敗の戦績を残した。この間に、アリはヴァージニア大通り小学校とデゥヴァル中学校を卒業。セントラル高校に進学している。

その後、ケンタッキー州ゴールデングローブで6度優勝し、1959年には全米ゴールデングローブのミドル級で2年連続優勝した。さらに、AAU ボクシング競技のライトヘビー級でも1959年から2年連続優勝を果たした。

1960年9月に開催されたローマオリンピックボクシング競技(ライトヘビー級)に出場。前年度ヨーロッパチャンピオンのポーランドズビグニェフ・ピトロシュコスキを判定で破って、金メダルを獲得する。しかし帰国後、オリンピックのインタビューにおけるアメリカの体制寄りの発言を批判され、金メダルを自ら川に投げ捨てる事件を起こす。当時のアメリカの体制とは、つまり白人側を意味したからである。このエピソードは1975年に出版した自伝の中で書かれたものであるが、アリの友人数人がこのエピソードを否定しており、後に出版された伝記でも、エピソードは創作されたもので、実際にはメダルは単にアリが紛失したのだとの説も存在する[12][13]

プロ転向と改名

1960年10月29日にプロデビュー。タニー・ハンセイカーと対戦し、6R判定勝ちを収めて、プロデビュー戦を勝利で飾る。また、プロ転向直後にネーション・オブ・イスラムの信徒であると公表し、リングネームを現在の本名である、ムスリム(イスラム教徒)名モハメド・アリ(ムハンマド・アリー)に改めた。この名前は、預言者ムハンマドと指導者(イマームアリーに由来する。なお、1975年にはイスラム教スンナ派に改宗した。

1962年11月15日に元世界ライトヘビー級王者のアーチー・ムーアと対戦。試合前に、控え室の黒板に「ムーアを4ラウンドにKOする」という予言を書いてリングに向かい、その予言の通り4ラウンド目に3度ダウンを奪ってKO勝ちした。

1963年3月13日に、元世界ライトヘビー級王座挑戦者のダグ・ジョーンズと対戦。アリが10R判定で勝利。この試合はリングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤー(年間最高試合賞)に選出されたが、アリは試合前にジョーンズを6RでKOすると公言していたため、試合後に新聞からバッシングを浴びた。

1964年2月25日、WBA・WBC統一世界ヘビー級王者のソニー・リストンに挑戦。当時史上最強のハードパンチャーと評価されたリストンに対しアリは絶対不利と言われ、賭け率は7対1でリストンが優位だった。しかしアリは臆せず「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と公言。試合は一方的なものとなり、6R終了時にTKO勝ちとなった。アリは試合終了後のインタビューで「I must be 'The Greatest'!」と興奮冷めやらぬ様子で叫んだ。試合後アリは正式に本名をカシアス・クレイからモハメド・アリへと改名した[14][15]

リング外での闘い

1960年に勃発し、のちにアメリカが本格参戦したベトナム戦争への徴兵を拒否したことから、彼は無敗のままWBAWBC統一世界ヘビー級王座を剥奪され、3年7か月間ブランクを作ったが、復帰後、実力で王座奪還を果たした。また露骨な黒人差別を温存するアメリカ社会に批判的な言動を繰り返した。その後公民権運動などの貢献が称えられ、ドイツの平和賞「オットー・ハーン平和メダル」を受賞。

キンシャサの奇跡

王座剥奪後の1971年3月8日、ジョー・フレージャーに挑戦する。初めての敗北を喫したが、3年後の1974年10月30日、フレージャーに代わり新王者となっていたジョージ・フォアマンを八回KO勝ちで破り、王座に返り咲いた。

この挑戦試合はアフリカのザイール(現・コンゴ民主共和国)で行われ、"Rumble in the jungle"(ジャングルの決闘)というタイトルがつけられていた。当時、一般には全盛を過ぎたと見られていたアリが史上最高のハードパンチャーと目されたフォアマンを破ったため、「キンシャサの奇跡」とも呼ばれる。

この試合でアリは、ロープにもたれながら相手のパンチを腕でブロックし、自分では打ち返さずに、防戦一方になっていたが、一見劣勢に見えながらも、フォアマンの体力を消耗させて、最後の一発で逆転するというクレバーな作戦をとり、見事な勝利を収めた。アリはこの戦法を"rope a dope"と名づけた。

ただし、以降の防衛戦でこの戦法を多用する一方、対戦相手のパンチを被弾することも増加していったため、後年のパーキンソン病の遠因ではないかとする説が上がった。

引退後、病との闘い

引退後にパーキンソン病にかかり、長い闘病生活に入った。公の場に出る機会は大きく減ったが、難病の中でも社会に対してメッセージを発し続けた。

1990年に湾岸危機に際し、イラク大統領との直接対話のため、病をおしてバグダードに赴き、アメリカ人の人質解放に成功する。解放された人のうち6人が、早く帰れる飛行機には乗らず、アリと同じ飛行機に乗って帰国した[16]

1996年7月19日、アトランタオリンピックの開会式で聖火を聖火台に点火した。女子水泳選手のジャネット・エバンスが点火台まで聖火のトーチを運び上げ、アリは彼女からトーチを受け取り、病気のため震える手で点火用のトーチに火を点けた(点火用トーチに着火するとそのトーチは上昇し、上にある聖火台に飛び込んで点火される仕掛けになっていた)。聖火台の点火者は当日まで秘密にされていた。なお、この際、自ら川に投げ捨てたローマオリンピックの金メダルが再授与された。

2003年のMLBオールスターゲーム始球式を務めた。

2005年11月9日、アメリカ合衆国のホワイトハウスにて文民に送られる最高の勲章である大統領自由勲章を授与された。

2009年アイルランド クレア県エニス名誉市民に選出され、9月1日に記念式典が行われた[17]

1977年、ホワイトハウスで開かれた新パナマ運河条約締結の祝宴でジミー・カーター第39代米国大統領(右)と

2012年ロンドンオリンピック開会式に参加、オリンピック旗掲揚の場面で姿を現した。

2016年6月3日死去[18]。74歳没。死因は敗血症ショック。


  1. ^ a b モハメド・アリ死去から2年 宿敵フォアマンが語る「史上最強の男」 - Yahoo!ニュース 2018年6月1日
  2. ^ “Ali has Irish ancestry”. BBC News. (2002年2月9日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/boxing/1810535.stm 2009年8月5日閲覧。 
  3. ^ a b ムハマド・アリ氏死去 メイウェザー氏、レブロン、タイソン氏ら悼む
  4. ^ 伝説の猪木VSアリ戦に決着はない 40年の節目に「世界格闘技の日」
  5. ^ 引退後も闘い続けたアリ氏、最強の男を苦しめたパーキンソン病”. AFPBB News (2016年6月5日). 2016年6月7日閲覧。
  6. ^ アリさん死因、敗血症ショック - asahi.com
  7. ^ モハメド・アリ氏死去 死因は敗血症と遺族明かす 2016年06月6日 - bbc.com
  8. ^ アリ氏の娘婿ケビンがUFC大会で悲しみのドロー 日刊スポーツ 2016年6月6日
  9. ^ アリの孫ウォルシュが1回KO勝ちでデビュー5連勝「しっかりと終わらせる、これが私の使命」”. 日刊スポーツ (2022年5月1日). 2022年5月1日閲覧。
  10. ^ ムハマド・アリとは、いったい何者であったのか”. 日刊スポーツ (2016年12月23日). 2022年8月19日閲覧。
  11. ^ ICON Mike Tyson explains legend of Sugar Ray Robinson – the man Muhammad Ali described as the ‘pound-for-pound greatest of all time’ talkSPORT 2021年12月28日
  12. ^ 5 Stories You Didn’t Know About Muhammad Ali”. The.Huffington.Post.com (2016年6月4日). 2016年6月7日閲覧。
  13. ^ カシアス・クレイ、そしてモハメド・アリの伝説”. 産経新聞 (2016年6月6日). 2016年6月7日閲覧。
  14. ^ 『ボクシングヘビー級最強伝説 ◎世界を制覇した男たち』ベースボール・マガジン社、2009年、39ページ。
  15. ^ 『スポーツ20世紀8 カリスマの系譜 スーパースター最強列伝』ベースボール・マガジン社、2001年、32ページ。
  16. ^ トマス・ハウザー「モハメド・アリ(下)」岩波現代文庫377頁
  17. ^ モハメド・アリ、曾祖父の故郷アイルランドで名誉市民に AFPBB News 2009年9月2日閲覧
  18. ^ 元世界ヘビー級チャンピオン モハメド・アリ氏 死去 NHKニュース 2016年6月4日閲覧
  19. ^ モハメド・アリは、ベトナム戦争反対に全てを賭けた”. The Huffington Post. 2016年6月12日閲覧。
  20. ^ Micklos, John Jr. (2010). Muhammad Ali: "I Am the Greatest". Berkeley Heights, NJ: Enslow Publishers. p. 54. ISBN 978-0-7660-3381-8. https://books.google.com/books?id=wjeaQAmQ0FMC&pg=PA54 
  21. ^ a b Ep. 6: "How Much You Gonna Pay Me?" - Rahman Ali”. Ali: A Life. 2021年2月17日閲覧。
  22. ^ Hauser, Thomas (2012). Muhammad Ali: His Life and Times. Open Road Integrated Media. p. 252. ISBN 978-1-4532-4119-6 
  23. ^ “Muhammad Ali's Daughter, May May Ali, Writes Children's Book About His Boxing Career”. Jet (Johnson Publishing Company) 104 (24): 38–39. (December 8, 2003). ISSN 0021-5996. https://books.google.com/books?id=L7QDAAAAMBAJ&pg=PA38. 
  24. ^ Ali's camp now a bed and breakfast”. ESPN. 2012年1月29日閲覧。
  25. ^ “ALI DAUGHTER TOSSES BOOK IN RING”. New York Daily News. (2001年3月18日). http://www.nydailynews.com/archives/gossip/ali-daughter-tosses-book-ring-article-1.906525 
  26. ^ “Former three-time heavyweight boxing champion Muhammad Ali agreed Tuesday ...”. UPI. (1986年1月28日). http://www.upi.com/Archives/1986/01/28/Former-three-time-heavyweight-boxing-champion-Muhammad-Ali-agreed-Tuesday/9145507272400/ 
  27. ^ Muhammed Ali Biography (sic)”. Lifetime (2006年5月23日). 2015年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月1日閲覧。
  28. ^ a b “Muhammad Ali's ex-wife reveals details about their secret wedding”. USA Today. (2016年6月6日). http://ftw.usatoday.com/2014/10/muhammad-alis-ex-wife-reveals-details-about-their-secret-wedding 
  29. ^ Muhammad Ali's Ex-Wives Forgave His Infidelity” (英語). PEOPLE.com. 2020年10月28日閲覧。
  30. ^ Allen, Nick (June 5, 2016), "Could Muhammad Ali's $80m fortune become subject of bitter legal battle?", The Daily Telegraph.
  31. ^ “Muhammad Ali confesses illness put a stop to his 'girl chasing,' but his son is just starting.”. Jet (Johnson Publishing Company) 91 (10): 32–33. (January 27, 1997). ISSN 0021-5996. https://books.google.com/books?id=LjsDAAAAMBAJ&pg=PA32 2017年3月14日閲覧。. 
  32. ^ Miller, Davis (1993年9月12日). “Still Larger Than Life – To Millions, Muhammad Ali Will Always Be The Champ”. The Seattle Times. http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=19930912&slug=1720560 2009年8月5日閲覧。 
  33. ^ Laufenberg, Norbert B. (2005). Entertainment Celebrities. Trafford Publishing. p. 9. ISBN 978-1-4120-5335-8. https://books.google.com/books?id=mzTW9Nitee4C 2010年12月5日閲覧。 
  34. ^ Bollinger, Rhett. “Angels draft boxing legend Ali's son”. Major League Baseball. http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20090611&content_id=5270622&vkey=news_mlb&fext=.jsp&c_id=mlb 2016年6月5日閲覧。 
  35. ^ Bucktin, Christopher (2014年9月13日). “Muhammad Ali's secret daughter begs to see boxing legend one more time 'before he dies'”. Daily Mirror. https://www.mirror.co.uk/news/world-news/muhammad-alis-secret-daughter-begs-4256662 2016年6月6日閲覧。 
  36. ^ Ofori-Mensah (2016年6月5日). “6 Facts About Kiiursti Mensah Ali, Muhammed Ali's Ghanaian Daughter You Need To Know (sic)”. omgvoice.com. 2016年6月6日閲覧。
  37. ^ Foster, Peter; Allen, Nick (2016年6月4日). “Muhammad Ali's tangled love life leaves troubled legacy”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/06/04/muhammad-alis-tangled-love-life-leaves-troubled-legacy/ 2016年6月6日閲覧。 
  38. ^ “Ali's alleged lovechild talks to tabloids”. The Daily Express. (2010年2月11日). http://www.express.co.uk/celebrity-news/157579/Ali-s-alleged-lovechild-talks-to-tabloids 2016年10月15日閲覧。 
  39. ^ “An 18-year-old woman has filed suit seeking $3 million ...”. United Press International. (1981年4月24日). https://www.upi.com/Archives/1981/04/24/An-18-year-old-woman-has-filed-suit-seeking-3-million/3454356936400/ 2018年5月27日閲覧。 
  40. ^ TEMICA WILLIAMS a/k/a Rebecca Jean Holloway, Plaintiff-Appellant, v. MUHAMMAD ALI, Defendant-Appellee. All Court Data. http://www.allcourtdata.com/law/case/williams-v-ali/cw3BaicI?page=1 2016年10月15日閲覧。 
  41. ^ Eig, Jonathan (October 3, 2017) (英語). Ali: A Life: Shortlisted for the William Hill Sports Book of the Year 2017. Simon & Schuster UK. ISBN 978-1-4711-5596-3. https://books.google.com/books?id=JzjeDQAAQBAJ&q=veronica+everyone+in+the+camp+girl+veronica+temica+ali&pg=PR55 
  42. ^ Eig, Jonathan (2017). Ali: A Life. London: Simon & Schuster. p. 416. ISBN 978-1471155932. OCLC 968294310 
  43. ^ “'Ali: A Life': A biography that's not The Greatest - The Ring” (英語). The Ring. (2017年9月29日). https://www.ringtv.com/518783-ali-life-biography-thats-not-greatest/ 2020年9月6日閲覧。 
  44. ^ “Brother: Muhammad Ali's health failing”. United Press International. オリジナルの2014年8月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140813104029/http://www.upi.com/Sports_News/2013/02/04/Brother-Muhammad-Alis-health-failing/UPI-72601359961200/ 2014年9月4日閲覧。 
  45. ^ Brewer, Dale (2018年9月16日). “When Ali was King”. The Herald-Palladium. https://www.heraldpalladium.com/news/when-ali-was-king/article_b2f9f7b8-6988-57e1-a73f-78c2fdf67312.html 2018年9月16日閲覧。 
  46. ^ Shafer, Sheldon S. (2007年1月25日). “Ali coming home, buys house in Jefferson County”. The Courier-Journal. オリジナルの2009年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090325161651/http://www.greaterlouisville.com/content/community/FYI/pdf/files/ali%20will%20return%20home,%20buys%20louisville%20house.pdf 2007年1月25日閲覧。 
  47. ^ Patricia Sheridan (December 3, 2007) "Patricia Sheridan's Breakfast With ... Lonnie Ali" Archived January 18, 2012, at the Wayback Machine., Pittsburgh Post-Gazette. Retrieved July 28, 2009.
  48. ^ Laila Ali”. Womenboxing.com. 2012年1月29日閲覧。
  49. ^ Boxing- Muhammad Ali”. Womenboxing.com (2001年6月8日). 2012年1月29日閲覧。
  50. ^ “Laila Ali, With Her Father Watching, Stays Undefeated”. New York Times. (2005年6月12日). https://www.nytimes.com/2005/06/12/sports/othersports/laila-ali-with-her-father-watching-stays-undefeated.html 2018年5月26日閲覧。 
  51. ^ Cepeda, Elias (2016年6月4日). “Kevin Casey will fight at UFC 199 despite passing of father-in-law Muhammad Ali”. Fox Sports. http://www.foxsports.com/ufc/story/kevin-casey-will-fight-at-ufc-199-despite-passing-of-legendary-father-in-law-muhammad-ali-060416 2016年6月6日閲覧。 
  52. ^ Mohammed, Sagal (2018年9月2日). “My dad, the greatest: Hana Ali recalls the crushing heartache that would haunt her father his whole life” (英語). YOU Magazine. 2020年10月11日閲覧。
  53. ^ Muhammad Ali: They Look Like They're Happy Together” (英語). HuffPost (2016年6月17日). 2020年9月21日閲覧。
  54. ^ デイビッド・レムニック 『モハメド・アリ―その闘いのすべて』 佐々木純子訳、阪急コミュニケーションズ、2001年9月
  55. ^ 元世界ヘビー級チャンピオン モハメド・アリ氏 死去 NHKニュース(2016年6月4日)
  56. ^ “Frazier TKO Victim After 14, Ali 勝s Thriller in Manila”. Milwaukee Sentinel. (1975年10月1日). https://news.google.com/newspapers?nid=1368&dat=19751001&id=Y8UVAAAAIBAJ&sjid=0REEAAAAIBAJ&pg=6766,101331&hl=en 2016年3月13日閲覧。 
  57. ^ Steen, Rob (2006年10月29日). “Obituary: Trevor Berbick”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/news/2006/oct/30/guardianobituaries.sport 2011年9月25日閲覧。 
  58. ^ "Clay Liston I",
    WBA, WBC, The Ring & Lineal ヘビー級タイトル;
    Stripped of WBA title on June 19, 1964.






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モハメド・アリ」の関連用語

モハメド・アリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モハメド・アリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモハメド・アリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS