モハメド・アリ モハメド・アリの概要

モハメド・アリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/02 01:29 UTC 版)

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ムハマド・アリ
  • Muhammad Ali
モハメド・アリ
基本情報
本名 カシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア(Cassius Marcellus Clay Jr.)[1]
通称 ザ・グレーティスト
ザ・ピープルズ・チャンピオン
ザ・ルイビル・リップ
階級 ヘビー級
身長 190cm
リーチ 203cm
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1942年1月17日
出身地 ケンタッキー州ルイビル
死没日 (2016-06-03) 2016年6月3日(74歳没)
死没地 アリゾナ州フェニックス
家族 レイラ・アリ(娘)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 61
勝ち 56
KO勝ち 37
敗け 5
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国
男子 ボクシング
オリンピック
1960 ローマ ライトヘビー級
1960年ローマオリンピック
晩年のアリ(2011年)

概要

イスラム教改宗前の本名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア (Cassius Marcellus Clay, Jr. 英語発音: [ˈkæsɪəs mɑrˈsɛləs kleɪ])。1964年にネーション・オブ・イスラムへの加入を機に、リングネームカシアス・クレイからカシアスX、次いでモハメド・アリに改めた(モハメッド・アリムハマド・アリという日本語表記もある[3][4])。

1960年ローマオリンピックボクシングライトヘビー級で金メダルを獲得[3]。その後プロに転向し、1964年にはソニー・リストンを倒して世界ヘビー級王座を獲得した。ジョージ・フォアマンザイールで対戦し、8Rでの一発大逆転を演じたタイトルマッチや、ジョー・フレージャーとの死闘など、ボクシング史上に残る数々な名勝負を行っている。最終的には、通算3度のチャンピオン奪取成功と19度の防衛に輝いた。

マルコム・Xと出会いその思想に共鳴イスラム教にも改宗。ベトナム戦争への徴兵を拒否したことにより米国政府と長期にわたって争ったが、最終的には無罪を勝ち取ったことでも知られる(#リング外での闘い)。その発言と行動は当時の米国政府や保守派との深刻な対立をもたらし、世界タイトル剥奪や長期の試合禁止など様々な圧力が加えられた。

引退から3年が経った42歳のとき、現役時代に受けた頭部へのダメージが原因とされるパーキンソン病と診断され闘病生活を送っており[5]2016年6月3日に74歳で死去した。死因は敗血症ショック[6][7]

総合格闘家のケビン・ケーシーは義理の息子[8]。また、孫にプロボクサーのニコ・アリ・ウォルシュがいる[9]

ボクシングスタイル

蝶のように舞い、蜂のように刺す (Float like a butterfly, sting like a bee)[10]
鈍重な大男の力任せな殴り合いだったヘビー級ボクシングに、アリは蝶のように華麗なフットワークと、蜂のように鋭い左ジャブを活用するアウトボクシングを持ち込んだ。この著名なフレーズは、アリのトレーナーのドゥルー・バンディーニ・ブラウンによるもので、試合前によく肩を組んで「蝶のように舞い、蜂のように刺す!」と一緒に叫ぶパフォーマンスを見せていた。ノートン戦の敗北後に、ノートンのファンから「蝶は羽を失い、蜂は針を失った」という投書が届き、これを気に入ったアリはジムの壁にこれをテープで貼りつけて毎日眺め、「羽」と「針」を取り戻す決意を新たにしていた。
ヘビー級史上最速の一人
リングを縦横無尽に動き回れる体のこなしだけでなく、ジャブに右ストレートでカウンターを合わせる離れ業をやってのけるパンチのスピードも持っていた。マイク・タイソンが出現した現代においてもなお、ヘビー級史上最速と評価された(アリを尊敬しているタイソン自身がアリとの比較で「アリは私には速すぎる。」と語っている)。
シュガー・レイ・ロビンソンの影響
シュガー・レイ・ロビンソンを尊敬しており実際に影響をうけたと指摘する声も存在した。レオン・スピンクスとの再戦を前に「俺は三度ヘビー級チャンピオンを獲得する最初の男になる。ヘビー級のシュガー・レイ・ロビンソンになるんだ」と語っている。また、現役時代にアリはロビンソンについて「タイミング、スピード、反射神経、リズム、筋肉、全てが美しかった」「俺はヘビー級において史上最高だが、パウンド・フォー・パウンドにおいては、未だにシュガー・レイ・ロビンソンが史上最高だろう」と語っている[11]。後にはシュガー・レイ・レナードを育てた名トレーナー、アンジェロ・ダンディーと常にコンビを組んでいた。
プロボクサーの娘
娘のレイラ・アリはプロボクサーとして活躍した。WBC女子スーパーミドル級の初代チャンピオン。ジョー・フレージャーの娘であるジャッキー・フレージャー・ライドと2001年6月に対戦した。
トラッシュトーク
アリは、注目を集めるための自己宣伝が非常に派手で巧みだった。「俺が最強だ」「俺が最も偉大だ」と公言し、わざと物議をかもす言動をし、試合の相手をからかった詩を発表し、KOラウンド数を予告してリングにあがった。この態度はむろん顰蹙を買い、徴兵拒否やムスリムとの関係もあいまって、非常に多数のアンチを生み出した。
本人はこの言動の理由を「むろん、厚顔な大ぼら吹きが好きな者はいない。しかしこう言えば、みんなは俺の試合を見にくるし、プロモーター達には、俺の試合の企画が、金になることが判るんだ。野次や怒号の中をリングにあがるのは、いい気分だ。最後は、俺の予告どおりになるんだからね」としている。

  1. ^ a b モハメド・アリ死去から2年 宿敵フォアマンが語る「史上最強の男」 - Yahoo!ニュース 2018年6月1日
  2. ^ “Ali has Irish ancestry”. BBC News. (2002年2月9日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/boxing/1810535.stm 2009年8月5日閲覧。 
  3. ^ a b ムハマド・アリ氏死去 メイウェザー氏、レブロン、タイソン氏ら悼む
  4. ^ 伝説の猪木VSアリ戦に決着はない 40年の節目に「世界格闘技の日」
  5. ^ 引退後も闘い続けたアリ氏、最強の男を苦しめたパーキンソン病”. AFPBB News (2016年6月5日). 2016年6月7日閲覧。
  6. ^ アリさん死因、敗血症ショック - asahi.com
  7. ^ モハメド・アリ氏死去 死因は敗血症と遺族明かす 2016年06月6日 - bbc.com
  8. ^ アリ氏の娘婿ケビンがUFC大会で悲しみのドロー 日刊スポーツ 2016年6月6日
  9. ^ アリの孫ウォルシュが1回KO勝ちでデビュー5連勝「しっかりと終わらせる、これが私の使命」”. 日刊スポーツ (2022年5月1日). 2022年5月1日閲覧。
  10. ^ ムハマド・アリとは、いったい何者であったのか”. 日刊スポーツ (2016年12月23日). 2022年8月19日閲覧。
  11. ^ ICON Mike Tyson explains legend of Sugar Ray Robinson – the man Muhammad Ali described as the ‘pound-for-pound greatest of all time’ talkSPORT 2021年12月28日
  12. ^ 5 Stories You Didn’t Know About Muhammad Ali”. The.Huffington.Post.com (2016年6月4日). 2016年6月7日閲覧。
  13. ^ カシアス・クレイ、そしてモハメド・アリの伝説”. 産経新聞 (2016年6月6日). 2016年6月7日閲覧。
  14. ^ 『ボクシングヘビー級最強伝説 ◎世界を制覇した男たち』ベースボール・マガジン社、2009年、39ページ。
  15. ^ 『スポーツ20世紀8 カリスマの系譜 スーパースター最強列伝』ベースボール・マガジン社、2001年、32ページ。
  16. ^ トマス・ハウザー「モハメド・アリ(下)」岩波現代文庫377頁
  17. ^ モハメド・アリ、曾祖父の故郷アイルランドで名誉市民に AFPBB News 2009年9月2日閲覧
  18. ^ 元世界ヘビー級チャンピオン モハメド・アリ氏 死去 NHKニュース 2016年6月4日閲覧
  19. ^ モハメド・アリは、ベトナム戦争反対に全てを賭けた”. The Huffington Post. 2016年6月12日閲覧。
  20. ^ Micklos, John Jr. (2010). Muhammad Ali: "I Am the Greatest". Berkeley Heights, NJ: Enslow Publishers. p. 54. ISBN 978-0-7660-3381-8. https://books.google.com/books?id=wjeaQAmQ0FMC&pg=PA54 
  21. ^ a b Ep. 6: "How Much You Gonna Pay Me?" - Rahman Ali”. Ali: A Life. 2021年2月17日閲覧。
  22. ^ Hauser, Thomas (2012). Muhammad Ali: His Life and Times. Open Road Integrated Media. p. 252. ISBN 978-1-4532-4119-6 
  23. ^ “Muhammad Ali's Daughter, May May Ali, Writes Children's Book About His Boxing Career”. Jet (Johnson Publishing Company) 104 (24): 38–39. (December 8, 2003). ISSN 0021-5996. https://books.google.com/books?id=L7QDAAAAMBAJ&pg=PA38. 
  24. ^ Ali's camp now a bed and breakfast”. ESPN. 2012年1月29日閲覧。
  25. ^ “ALI DAUGHTER TOSSES BOOK IN RING”. New York Daily News. (2001年3月18日). http://www.nydailynews.com/archives/gossip/ali-daughter-tosses-book-ring-article-1.906525 
  26. ^ “Former three-time heavyweight boxing champion Muhammad Ali agreed Tuesday ...”. UPI. (1986年1月28日). http://www.upi.com/Archives/1986/01/28/Former-three-time-heavyweight-boxing-champion-Muhammad-Ali-agreed-Tuesday/9145507272400/ 
  27. ^ Muhammed Ali Biography (sic)”. Lifetime (2006年5月23日). 2015年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月1日閲覧。
  28. ^ a b “Muhammad Ali's ex-wife reveals details about their secret wedding”. USA Today. (2016年6月6日). http://ftw.usatoday.com/2014/10/muhammad-alis-ex-wife-reveals-details-about-their-secret-wedding 
  29. ^ Muhammad Ali's Ex-Wives Forgave His Infidelity” (英語). PEOPLE.com. 2020年10月28日閲覧。
  30. ^ Allen, Nick (June 5, 2016), "Could Muhammad Ali's $80m fortune become subject of bitter legal battle?", The Daily Telegraph.
  31. ^ “Muhammad Ali confesses illness put a stop to his 'girl chasing,' but his son is just starting.”. Jet (Johnson Publishing Company) 91 (10): 32–33. (January 27, 1997). ISSN 0021-5996. https://books.google.com/books?id=LjsDAAAAMBAJ&pg=PA32 2017年3月14日閲覧。. 
  32. ^ Miller, Davis (1993年9月12日). “Still Larger Than Life – To Millions, Muhammad Ali Will Always Be The Champ”. The Seattle Times. http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=19930912&slug=1720560 2009年8月5日閲覧。 
  33. ^ Laufenberg, Norbert B. (2005). Entertainment Celebrities. Trafford Publishing. p. 9. ISBN 978-1-4120-5335-8. https://books.google.com/books?id=mzTW9Nitee4C 2010年12月5日閲覧。 
  34. ^ Bollinger, Rhett. “Angels draft boxing legend Ali's son”. Major League Baseball. http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20090611&content_id=5270622&vkey=news_mlb&fext=.jsp&c_id=mlb 2016年6月5日閲覧。 
  35. ^ Bucktin, Christopher (2014年9月13日). “Muhammad Ali's secret daughter begs to see boxing legend one more time 'before he dies'”. Daily Mirror. https://www.mirror.co.uk/news/world-news/muhammad-alis-secret-daughter-begs-4256662 2016年6月6日閲覧。 
  36. ^ Ofori-Mensah (2016年6月5日). “6 Facts About Kiiursti Mensah Ali, Muhammed Ali's Ghanaian Daughter You Need To Know (sic)”. omgvoice.com. 2016年6月6日閲覧。
  37. ^ Foster, Peter; Allen, Nick (2016年6月4日). “Muhammad Ali's tangled love life leaves troubled legacy”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/06/04/muhammad-alis-tangled-love-life-leaves-troubled-legacy/ 2016年6月6日閲覧。 
  38. ^ “Ali's alleged lovechild talks to tabloids”. The Daily Express. (2010年2月11日). http://www.express.co.uk/celebrity-news/157579/Ali-s-alleged-lovechild-talks-to-tabloids 2016年10月15日閲覧。 
  39. ^ “An 18-year-old woman has filed suit seeking $3 million ...”. United Press International. (1981年4月24日). https://www.upi.com/Archives/1981/04/24/An-18-year-old-woman-has-filed-suit-seeking-3-million/3454356936400/ 2018年5月27日閲覧。 
  40. ^ TEMICA WILLIAMS a/k/a Rebecca Jean Holloway, Plaintiff-Appellant, v. MUHAMMAD ALI, Defendant-Appellee. All Court Data. http://www.allcourtdata.com/law/case/williams-v-ali/cw3BaicI?page=1 2016年10月15日閲覧。 
  41. ^ Eig, Jonathan (October 3, 2017) (英語). Ali: A Life: Shortlisted for the William Hill Sports Book of the Year 2017. Simon & Schuster UK. ISBN 978-1-4711-5596-3. https://books.google.com/books?id=JzjeDQAAQBAJ&q=veronica+everyone+in+the+camp+girl+veronica+temica+ali&pg=PR55 
  42. ^ Eig, Jonathan (2017). Ali: A Life. London: Simon & Schuster. p. 416. ISBN 978-1471155932. OCLC 968294310 
  43. ^ “'Ali: A Life': A biography that's not The Greatest - The Ring” (英語). The Ring. (2017年9月29日). https://www.ringtv.com/518783-ali-life-biography-thats-not-greatest/ 2020年9月6日閲覧。 
  44. ^ “Brother: Muhammad Ali's health failing”. United Press International. オリジナルの2014年8月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140813104029/http://www.upi.com/Sports_News/2013/02/04/Brother-Muhammad-Alis-health-failing/UPI-72601359961200/ 2014年9月4日閲覧。 
  45. ^ Brewer, Dale (2018年9月16日). “When Ali was King”. The Herald-Palladium. https://www.heraldpalladium.com/news/when-ali-was-king/article_b2f9f7b8-6988-57e1-a73f-78c2fdf67312.html 2018年9月16日閲覧。 
  46. ^ Shafer, Sheldon S. (2007年1月25日). “Ali coming home, buys house in Jefferson County”. The Courier-Journal. オリジナルの2009年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090325161651/http://www.greaterlouisville.com/content/community/FYI/pdf/files/ali%20will%20return%20home,%20buys%20louisville%20house.pdf 2007年1月25日閲覧。 
  47. ^ Patricia Sheridan (December 3, 2007) "Patricia Sheridan's Breakfast With ... Lonnie Ali" Archived January 18, 2012, at the Wayback Machine., Pittsburgh Post-Gazette. Retrieved July 28, 2009.
  48. ^ Laila Ali”. Womenboxing.com. 2012年1月29日閲覧。
  49. ^ Boxing- Muhammad Ali”. Womenboxing.com (2001年6月8日). 2012年1月29日閲覧。
  50. ^ “Laila Ali, With Her Father Watching, Stays Undefeated”. New York Times. (2005年6月12日). https://www.nytimes.com/2005/06/12/sports/othersports/laila-ali-with-her-father-watching-stays-undefeated.html 2018年5月26日閲覧。 
  51. ^ Cepeda, Elias (2016年6月4日). “Kevin Casey will fight at UFC 199 despite passing of father-in-law Muhammad Ali”. Fox Sports. http://www.foxsports.com/ufc/story/kevin-casey-will-fight-at-ufc-199-despite-passing-of-legendary-father-in-law-muhammad-ali-060416 2016年6月6日閲覧。 
  52. ^ Mohammed, Sagal (2018年9月2日). “My dad, the greatest: Hana Ali recalls the crushing heartache that would haunt her father his whole life” (英語). YOU Magazine. 2020年10月11日閲覧。
  53. ^ Muhammad Ali: They Look Like They're Happy Together” (英語). HuffPost (2016年6月17日). 2020年9月21日閲覧。
  54. ^ デイビッド・レムニック 『モハメド・アリ―その闘いのすべて』 佐々木純子訳、阪急コミュニケーションズ、2001年9月
  55. ^ 元世界ヘビー級チャンピオン モハメド・アリ氏 死去 NHKニュース(2016年6月4日)
  56. ^ “Frazier TKO Victim After 14, Ali 勝s Thriller in Manila”. Milwaukee Sentinel. (1975年10月1日). https://news.google.com/newspapers?nid=1368&dat=19751001&id=Y8UVAAAAIBAJ&sjid=0REEAAAAIBAJ&pg=6766,101331&hl=en 2016年3月13日閲覧。 
  57. ^ Steen, Rob (2006年10月29日). “Obituary: Trevor Berbick”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/news/2006/oct/30/guardianobituaries.sport 2011年9月25日閲覧。 
  58. ^ "Clay Liston I",
    WBA, WBC, The Ring & Lineal ヘビー級タイトル;
    Stripped of WBA title on June 19, 1964.


「モハメド・アリ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モハメド・アリ」の関連用語

モハメド・アリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モハメド・アリのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモハメド・アリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS