ビル・ジョイ ビル・ジョイの概要

ビル・ジョイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/02 15:43 UTC 版)

ビル・ジョイ
William Nelson Joy
生誕 (1954-11-08) 1954年11月8日(67歳)
アメリカ合衆国 ミシガン州ファーミントンヒルズ
国籍 アメリカ合衆国
出身校 ミシガン大学
カリフォルニア大学バークレー校
主な業績 サン・マイクロシステムズ
Java
SPARC
vi
NFS
csh
BSDSolaris
"Why the Future Doesn't Need Us"
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

漢字を勉強したことがあり、来日した際のサインなどで、名前を「美流上位」と書いている[1]

サン以前

ミシガン州デトロイトに生まれる。両親は学校教師。1971年にミシガン大学に入学、1975年に電気工学の理学士号を取得した。卒業後はカリフォルニア大学バークレー校に入学。1979年に電気工学と計算機科学の修士課程を修了している[2]。バークレーでの指導教授はボブ・ファブリー英語版

同校は1974年に AT&T からライセンスを取得し UNIX の導入を始めており、折良く入学してきたジョイは早速 UNIX の改良に取りかかった。ファブリーの Computer Systems Research Group (CSRG) でジョイはBerkeley Software Distribution (BSD) 開発のまとめ役として働いた。BSD UNIXからはFreeBSDNetBSDTru64OpenBSDSunOS/Solarisなどが生まれている。ApplemacOSもBSDをベースとしている。

ジョイの最大の貢献としてはviエディタCシェル (csh) の開発[3]がある。ジョイのプログラマとしての才能は伝説的であり、viをある週末だけで書き上げたと言われている。ジョイ自身はこれを否定している[4]。他にも誇張された逸話がある。ノベルのCEOだったエリック・シュミットは、PBSのドキュメンタリーNerds 2.0.1でのインタビューで、ジョイがBSDカーネルを週末に1人だけで書き直したと述べたことがある。

Salonの記事によれば、1980年代初めごろDARPABolt, Beranek and Newman (BBN) がBSDにTCP/IP機能を追加する契約を結んだ。ジョイはBBNの開発したプロトコルスタックをBSDカーネルに組み込む作業を指揮するよう命令されたが、彼はBBNのTCP/IP実装を全く評価していなかったためそれを拒んだ。そこでジョイは独自の高性能TCP/IPスタックを書き上げた。ジョン・ゲージ英語版は次のように述べている。

BBNはTCP/IP実装という大きな仕事を請け負っていたが、BBNの実装はうまく動作せず、ジョイのものは動作した。そこで大きな会議が開かれ、Tシャツ姿の大学院生であるジョイがそこに出席し、BBN側が「君はこれをどうやって成し遂げたんだ?」とたずねた。ジョイは「簡単さ。プロトコルを読んで、コードを書いただけさ」と応えた。

ただし、当時BBNで働いていたロブ・ガーウィッツはこの話を否定している[5]

サン

博士課程在学中の1982年にスコット・マクネリビノッド・コースラアンディ・ベクトルシャイムらの創業したサン・マイクロシステムズに参画する。16番目の社員であったが、待遇は創業者と同じものであった[6]。サン在籍中、彼は社内では特別といっていい扱いにあった。1988年の社内報的なビデオの中で、会長のスコット・マクネリが描いた同社の組織図において、ビル・ジョイは誰よりも(会長のマクネリよりも)上に位置し、ジョイの上司を示す矢印は上方向を指しているのみ、というものだったという(彼の上司は、ただのみ、という意と解されている)[7]

1986年、バークレーにおけるUnix開発での貢献に対してACMグレース・ホッパー賞を受賞。

サン・マイクロシステムズでは、NFSSPARC プロセッサ、JavaJiniJXTA の開発などで大きな役割を果たし、1997年には当時のアメリカ合衆国大統領であるビル・クリントンにより大統領直属情報技術諮問委員会の共同委員長に任命され、情報技術開発の国家指針策定にも参加した。

2003年9月9日、サンは彼の退職を発表し、「彼は今後どうするか考えているところで、今のところ何の計画もない」とした。


  1. ^ 『Life with UNIX』邦訳版 p. 350
  2. ^ UC Berkeley Online Tour: Famous Alumni”. 2010年5月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月1日閲覧。
  3. ^ G.アンダーソン、P.アンダーソン 著、落合 浩一郎、大木敦雄 訳 『UNIX C SHELL フィールドガイド』パーソナルメディア株式会社、1987年10月15日、xii頁頁。ISBN 4-89362-029-0 
  4. ^ Bill Joy's greatest gift to man – the vi editor, The Register
  5. ^ BSD Unix: Power to the people, from the code - Salon.com
  6. ^ 『サン・マイクロシステムズ』(ISBN 4-7561-0070-8)p. 30
  7. ^ 『サン・マイクロシステムズ』(ISBN 4-7561-0070-8)p. 93
  8. ^ Bill Joy on Green Tech, Sun's downfall, Microsoft's prospects (Q&A) May 2010
  9. ^ Shirky: A Group Is Its Own Worst Enemy
  10. ^ Ray Kurzweil, Are We Becoming an Endangered Species? Technology and Ethics in the Twenty First Century, November 20, 2001.
  11. ^ Tihamer Toth-Fejel, Why the future needs Bill Joy, May 20, 2000,
  12. ^ Catherine Borden, The Money Issue Letter to the Editor, The New York Times,


「ビル・ジョイ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビル・ジョイ」の関連用語

ビル・ジョイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビル・ジョイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビル・ジョイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS