パナソニック汐留美術館 パナソニック汐留美術館の概要

パナソニック汐留美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/24 06:57 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
パナソニック汐留美術館
Panasonic Shiodome Museum of Art.
施設情報
愛称 PSMA
専門分野 美術
管理運営 パナソニック株式会社ライフソリューションズ社
開館 2003年4月
所在地 105-8301
東京都港区東新橋1-5-1
パナソニック東京汐留ビル4階
位置 北緯35度39分57.1秒 東経139度45分42.4秒 / 北緯35.665861度 東経139.761778度 / 35.665861; 139.761778座標: 北緯35度39分57.1秒 東経139度45分42.4秒 / 北緯35.665861度 東経139.761778度 / 35.665861; 139.761778
外部リンク https://panasonic.co.jp/ls/museum/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要

汐留パナソニック東京汐留ビル(パナソニック リビングショウルーム東京、旧ナショナルセンター東京)の4階にある。 2003年平成15年)4月に開館。当初は「松下電工 汐留ミュージアム」であったが、2008年(平成20年)10月1日に、松下電工が「パナソニック電工」に社名を変更したため、「パナソニック電工 汐留ミュージアム」に名称が変更され、さらにパナソニック電工のパナソニックへの合併に伴い、「パナソニック 汐留ミュージアム」という名称となった。

開館以来博物館法の法定外の博物館類似施設であったが、同社が運営する大阪府門真市パナソニックミュージアム(松下幸之助歴史館)とややこしいことや、2019年平成31年)2月20日、東京都教育委員会から「博物館に相当する施設」(博物館相当施設)に指定されたことから[1]、同年4月1日、館の名称を「パナソニック 汐留ミュージアム」から「パナソニック汐留美術館」に変更した[2]

収蔵品は、ジョルジュ・ルオーの油彩と版画191点。その意味では、ルオーの専門美術館といえる。

また、ルオーとは関連性の薄い企画展示も行われているが、住宅や照明、陶磁器のような生活関連の美術品の展示が多いのも特徴的である。

照明器具などを扱っている会社の運営であるため、照明器具を肇め各種機器へのこだわりを自称している。

主な収蔵品

  • 「法廷」(1909年)
  • 「ミセレーレ」(1917年)
  • 「女曲馬師(人形の顔)」(c.1925年)
  • 「避難する人たち」(1948年)
  • 「流れる星のサーカス」(1930年)
  • 「受難」(1930年)

関連項目

  • 出光美術館 - こちらもルオーのコレクションで知られる。

外部リンク


  1. ^ 『東京都公報』平成31年2月20日 第16798号(PDFファイル)16頁 告示(教) 東京都教育委員会告示第4号 平成31年2月20日。当館は設置主体が会社であるため、博物館法第29条に基づき「博物館に相当する施設」に指定されている。
  2. ^ パナソニック 汐留ミュージアムの名称を「パナソニック汐留美術館」に変更(PDFファイル)2019年2月6日 パナソニック株式会社プレスリリース


「パナソニック汐留美術館」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パナソニック汐留美術館」の関連用語

パナソニック汐留美術館のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パナソニック汐留美術館のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパナソニック汐留美術館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS