motor neuronとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > motor neuronの意味・解説 

運動神経

同義/類義語:運動ニューロン
英訳・(英)同義/類義語:motoneuron, motor neuron

ヒト神経組織で、興奮伝達方向中枢から筋肉などの効果器に向かうニューロン
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  通道組織  造卵器  造精器  運動神経  運動神経系  道管  遠位曲細尿管

運動ニューロン

(motor neuron から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/03 08:07 UTC 版)

運動ニューロン(うんどうニューロン)とは骨格筋を支配する神経細胞である。細胞体は主に大脳皮質の運動野と脊髄前角にある。脊髄前角細胞までを上位運動ニューロンといい、脊髄前角細胞以下を下位運動ニューロンという(上位運動ニューロンには、脳幹の神経核から始まるものもある。詳細は脊髄を参照)。これらの経路に障害が起きると、それぞれ上位運動ニューロン障害、下位運動ニューロン障害と呼ぶ。上位運動ニューロン障害は錐体路障害とも呼ばれる。




「運動ニューロン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「motor neuron」の関連用語

motor neuronのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



motor neuronのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの運動ニューロン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS