非加重結合法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 非加重結合法の意味・解説 

非加重結合法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/15 14:49 UTC 版)

非加重結合法(Unweighted Pair Group Method with Arithmetic mean、UPGMAと略す)は系統樹を作製するためのボトムアップ式のクラスタ解析法である。入力データは対象の各ペア間の距離であり、有根系統樹が作製される。進化速度が一定分子時計仮説)と仮定して有根系統樹を作製するのにときどき用いられる。




「非加重結合法」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「非加重結合法」の関連用語

非加重結合法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

WX310K

ワタカラカサタケ

ディファレンシャル・エントラップメント

御座の間匂

ボルボS60

高枝剪定バサミ

さぬきうどん

鬼の口棚田





非加重結合法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの非加重結合法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS