電力不足に伴う労働基準法の運用についてとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 電力不足に伴う労働基準法の運用についての意味・解説 

電力不足に伴う労働基準法の運用について

読み方:でんりょくぶそくにともなうろうどうきじゅんほうのうんようについて

厚生労働省1951年公布した、電力不足に伴う休業時の休業手当に関する通達2011年3月震災を受けて再度公布された。

「電力不足に伴う労働基準法の運用について」が適用されれば、休電によりやむなく休業した場合にも、雇用者休業手当支払義務免除される。通常は、雇用者側の都合休業となった場合には、労働基準法26条によって休業補償義務課せられる

「電力不足に伴う労働基準法の運用について」は、2011年3月15日に「計画停電実施される場合労働基準法26条の取扱いについて」の補足として公布された。派遣切り便乗解雇横行させるとして白紙撤回求める声も上がっている。

関連サイト
計画停電が実施される場合の労働基準法第26条の取扱いについて(PDF) - 厚生労働省


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

電力不足に伴う労働基準法の運用についてのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



電力不足に伴う労働基準法の運用についてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS