電信売相場とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 電信売相場の意味・解説 

電信売相場

読み方:でんしんうりそうば
別名:対顧客電信売相場TTS
英語:Telegraphic Transfer Selling Rate

銀行などの金融機関が、顧客に対して円を外貨両替する際の、為替レートのこと。

金融機関では、インターバンク為替レートをもとにして、電信相場基準値となる「電信仲値相場」を決める。電信売相場は、電信仲値相場手数料上乗せした額となる。

なお、銀行などの金融機関が、顧客に対して外貨を円に両替する際の為替レートを「電信買相場」という。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「電信売相場」に関係したコラム

  • FXの仲値とは

    FX(外国為替証拠金取引)の仲値とは、銀行などの金融機関が、顧客との取引の際に用いる為替レートのことです。仲値は、TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)とも呼ばれま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電信売相場」の関連用語

電信売相場のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



電信売相場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS