閑情末摘花とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 閑情末摘花の意味・解説 

かんじょうすえつむはな〔カンジヤウすゑつむはな〕【閑情末摘花】

人情本松亭金水作、歌川貞重画。天保1012年(1839〜1841)刊。5編15冊。福見屋米次郎馴染み遊女その妹お里ほか、二組の恋人たちの愛と葛藤を描く。


閑情末摘花

読み方:カンジョウスエツムハナ(kanjousuetsumuhana)

分野 人情本

年代 江戸後期

作者 松亭金水



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「閑情末摘花」の関連用語

閑情末摘花のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



閑情末摘花のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS