郷蔵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 倉庫 > 郷蔵の意味・解説 

ごう ぐら がう- [0] 【郷倉・郷蔵】

江戸時代郷村設置された共同倉庫年貢米一時的保管倉庫で、のちには備荒用の穀物貯蔵倉としても利用された。

義倉

(郷蔵 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/27 07:15 UTC 版)

義倉(ぎそう)とは中国や日本で、国内の要地に置かれた穀物を備蓄する倉庫災害飢饉に備えてなどの穀物を一般より徴収し、または富者から寄付を得て蓄えた。非常時に備える一方で穀物の腐敗の防止と義倉の維持のために古い穀物を安価で売却(出糶)し、また一般に低利で貸し付ける(借放)事も行われていた。


  1. ^ コトバンク 郷倉とは”. 2019年7月12日閲覧。


「義倉」の続きの解説一覧



郷蔵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「郷蔵」の関連用語

郷蔵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



郷蔵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの義倉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS