速度型機関とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 速度型機関の意味・解説 

速度型機関

英語 fluid flow enginevelocity type engine

熱機関作動流体を介して熱エネルギー機械的仕事変換する装置であるが、作動流体与えられた熱エネルギー機械的仕事変換する方法により、容積型機関と速度型機関に分類される。速度型機関は、熱エネルギー速度エネルギーに変えて動力推力発生するもので、高温作動流体ノズルを使って膨張させ、タービンプレードに吹き付け動力取り出すガスタービン蒸気タービン高温高速ガス直接大気放出して推力を得るジェットエンジンがある。速度型機関は連続作動を行うため大量作動流体を処理することができ、大出機関実現することができる。

参照 ガスタービン蒸気タービン容積型機関
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「速度型機関」の関連用語

速度型機関のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



速度型機関のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS