胸最長筋とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 筋肉 > 最長筋 > 胸最長筋の意味・解説 

胸最長筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/11/06 13:24 UTC 版)

胸最長筋(きょうさいちょうきん)は、長背筋のうち、中胸の深層に位置する筋肉である。最長筋のうち、頭最長筋頸最長筋、胸最長筋の3部に分けられたものの一方である。仙骨、腰椎棘突起、下位胸椎横突起を起始とし、中側上方に向かって走り、第1~第2肋骨まで達し、内側は腰椎副突起、腰椎副突起に付着、外側は肋骨、腰椎肋骨突起、胸筋膜に付着する。




「胸最長筋」の続きの解説一覧





胸最長筋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「胸最長筋」の関連用語

胸最長筋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

明治の大砲

はくちょう座

八幡賢司

ナンナカラ・アノマラ

ロンドン搭

間紙

喰い替え

ガラス入りアスファルト舗装





胸最長筋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの胸最長筋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS