細葉鳥兜とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 鳥兜 > 細葉鳥兜の意味・解説 

ほそばとりかぶと (細葉鳥兜)

Aconitum senanense

Aconitum senanense

Aconitum senanense

Aconitum senanense

Aconitum senanense

わが国固有種で、本州中部地方以北から関東地方分布しています。亜高山帯から高山帯日当たりのよい草原に生育し、高さは40100センチになります直立して、はほとんど基部まで深く3裂し、裂片はさらに2~3裂します。8月から9月ごろ、先に散房花序をつけ、兜に似た青紫色の花を咲かせます。花柄には2個の小とともに開出毛が密生して白っぽくみえます。
キンポウゲ科トリカブト属多年草で、学名Aconitum senanense。英名はありません。
キンポウゲのほかの用語一覧
トリカブト:  奥鳥兜  河内附子  花鳥兜  細葉鳥兜  山鳥兜  深山鳥兜  大伶人草

細葉鳥兜

読み方:ホソバトリカブト(hosobatorikabuto)

キンポウゲ科多年草高山植物

学名 Aconitum senanense




細葉鳥兜と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

細葉鳥兜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



細葉鳥兜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS