移動現象論とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 移動現象論の意味・解説 

移動現象論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/06 06:15 UTC 版)

移動現象論(いどうげんしょうろん、: transport phenomena)は輸送現象論移動速度論とも呼ばれ、物質(成分)、運動量などの物理量移動する現象を扱う工学の一分野である。


  1. ^ R. B. Bird; W. E. Stewart; E. N. Lightfoot (1960). Transport Phenomena.  - この分野の古典的名著であり、化学工学を専門とする人間にとってはバイブル的な存在となっている。
  2. ^ 浅野康一 『物質移動の基礎と応用』 丸善、2004年。ISBN 4-621-07356-7 
  3. ^ 谷口尚司; 八木順一郎 『材料工学のための移動現象論』 東北大学出版会、2001年、86頁。ISBN 4-925085-44-1 
  4. ^ 菊池義弘; 松村幸彦 『伝熱学』 共立出版、2006年、185頁。ISBN 4-320-08156-0 
  5. ^ a b 相原利雄 『エスプレッソ伝熱工学』 裳華房、2009年、80頁。ISBN 978-4-7853-6023-8 


「移動現象論」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「移動現象論」の関連用語

移動現象論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



移動現象論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの移動現象論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS