盲亀の浮木とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 故事成語 > 動物 > > 盲亀の浮木の意味・解説 

盲亀の浮木ふぼく

百年一度海面浮上する目の見えない亀がたまたまそこに漂っていた流木の穴に頭を入れたという「涅槃経」にある話から〕
仏の教え出会うのが容易でないことのたとえまた、非常にまれなことのたとえ浮き木の亀
» 盲亀

盲亀の浮木

出典:『Wiktionary』 (2009/03/01 15:08 UTC 版)

成句

モウキのフボク)

  1. 滅多に出会えることのないことの例え
    が、女の方では、そんなこととは知らないから、世にも頼りない身の盲亀の浮木に逢った気で、真心籠め小平太に仕える。(森田草平四十八人目』)

出典

涅槃経

類義語




盲亀の浮木と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「盲亀の浮木」の関連用語

盲亀の浮木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



盲亀の浮木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの盲亀の浮木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS