産後の肥立ちが悪いとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 産後の肥立ちが悪いの意味・解説 

産後の肥立ちが悪い

読み方:さんごのひだちがわるい
別表記:産後のひだちが悪い

出産後、なかなか妊娠前の元気な状態に戻らないさま、心身疲労虚弱状態が回復しない様子を意味する表現産後死に至る状況説明する際に用いられることが多い。

産褥

(産後の肥立ちが悪い から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 02:59 UTC 版)

産褥(さんじょく、: puerperium)とは、妊娠および分娩によってもたらされた母体や生殖器の変化が、分娩の終了(医学的には分娩第3期、いわゆる後産期終了)から妊娠前の状態に戻るまでの期間のこと[1]


  1. ^ 世界大百科事典 第2版『産褥』
  2. ^ a b 日本大百科全書『産褥』


「産褥」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「産後の肥立ちが悪い」の関連用語

産後の肥立ちが悪いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



産後の肥立ちが悪いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの産褥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS