烏貝とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 魚介 > 二枚貝 > 烏貝の意味・解説 

烏貝

読み方:からすがい
別表記:カラス貝

イシガイ科の二枚貝日本全国湖沼などに生息し、食用にもされる。

からすがい -がひ [3] 【烏貝・蚌貝】

淡水産の二枚貝日本淡水二枚貝では最大で、殻長30センチメートル達する。殻は長卵形で、表面光沢のある黒色内面真珠光沢のある青白色。有鉤子(ゆうこうし)と呼ばれる幼生時代皮膚付着して育つ。殻は貝細工ボタン材料中国朝鮮北海道本州湖沼にすむ。 [季] 春。

烏貝

読み方:カラスガイ(karasugai)

イシガイ科の二枚貝


烏貝

読み方:カラスガイ(karasugai)

カラスガイ科の淡水二枚貝淡水真珠の母貝として利用される

季節

分類 動物




烏貝と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「烏貝」の関連用語

烏貝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



烏貝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS