溶岩樹形とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > > 溶岩樹形の意味・解説 

ようがん‐じゅけい【溶岩樹形】

読み方:ようがんじゅけい

流れ下っ溶岩樹木包み込み冷えた後に樹木の幹の形に穴になったもの。富士山麓浅間山麓にある。

溶岩樹形の画像
浅間山麓の溶岩樹形

溶岩洞

(溶岩樹形 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/24 08:54 UTC 版)

溶岩洞(ようがんどう、: lava tube)は、火山噴火に伴う溶岩流により生成される洞窟(洞穴)のこと。溶岩洞窟溶岩トンネル溶岩チューブともいう。


  1. ^ a b 出典: 溶岩流 (PDF) - 群馬大学 早川由紀夫、2016年10月閲覧


「溶岩洞」の続きの解説一覧



溶岩樹形と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

溶岩樹形のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



溶岩樹形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの溶岩洞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS