溶岩湖とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 溶岩湖の意味・解説 

ようがん‐こ【溶岩湖】


溶岩湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/15 08:41 UTC 版)

溶岩湖(ようがんこ、英語:Lava Lake)は、大量の溶岩が火口の中に湖のようにたまっている火山地形である。主に玄武岩質であり、そのため溶岩湖の溶岩は粘性が低く、流動的である。時折凝固するが、このとき表面に岩石が生じる。溶岩湖という用語は、溶解した岩石が引火することや固い岩石が満たされていることを描写する際に使用される。最大の溶岩湖は、コンゴ民主共和国のニーラゴンゴ山にあり、最も激しく沸騰する溶岩湖はアンブリム島のベンボウ山にある。キラウエア火山で有名なハワイ島には2つ永続的な溶岩湖が存在する。一つは、ハレマウマウ火口の頂上のカルデラの中、もう一つは、プウ・オオ火口の途中東側の割れ目にある。




「溶岩湖」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

溶岩湖のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



溶岩湖のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの溶岩湖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS