権利付最終売買日とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 権利付最終売買日の意味・解説 

権利付最終売買日

読み方:けんりつきさいしゅうばいばいび
別名:権利付き最終売買日権利付最終日

株主確定するための最終売買日のこと。

「権利付最終売買日」までに株式保有した場合、その企業からの配当金株主優待株式分割などの権利を得ることができる。

一般的に、「権利付最終売買日」が近付くと、配当金目的とした買い圧力により株価上昇することが多い。「権利付最終売買日」当日は、相場過熱していることが多く買い控えなどにより閑散相場になることもある。

ちなみに、「権利付最終売買日」から4日目を「権利確定日」(基準日)という。3月決算期迎え企業は、3月31日を「権利確定日」としていることが多い。例えば、2011年場合には、3月28日が「権利付最終売買日」となる。なお、「権利付最終売買日」の翌日を「権利落日」という。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「権利付最終売買日」の関連用語

権利付最終売買日のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



権利付最終売買日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS