最後の手段とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 手段 > 最後の手段の意味・解説 

最後の手段

原題:My Man
製作国:アメリカ
製作年:1924
配給:松竹
スタッフ
監督:David Smith デイヴィッド・スミス
原作:George Randolph Chester ジョージ・ランドルフ・チェスター
キャスト(役名
Patsy Ruth Miller パッシー・ルス・ミラー (Molly Marley
Dustin Farnum ダスティン・ファーナム (Sledge
Niles Welch ナイルス・ウェルチ (Dicky Reynolds
Margaret Landis マーガレット・ランディス (Fern Burbank
George Webb ジョージ・ウェッブ (Bert Clider)
William Norris ウィリアム・ノリス (Henry Peters
Edith Yorke エディス・ヨーク (Mrs. Peters
Violet Palmer ヴァイオレット・パルマー (Jessie Peters
解説
ジョージ・ランドルフ・チェスター原作小説「紅薔微物語」に基づき死の救援列車」「大丈夫ケリガン」等と同じくデヴィッド・スミス氏の監督したもので、主役は「ノートルダムのせむし男(1923)」「夜の馬車」等出演パッシー・ルス・ミラー嬢「開拓馬車隊」「義憤快漢」等出演ダスティン・ファーナム氏。その他ナイルス・ウェルチ氏やジョージ・ウェッブ氏も共演している。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
小さい町の政治界に勢力のあるスレッジは、或山師と組んで新しく電車敷設しようと計った。現在営業している電車会社社長マーレイの娘モリーを彼は恋した。モリー恋している放蕩バートはこれを妨げようとしたがスレッジ生来の人を圧迫する力で娘の心を得た。彼は自分計画実行すれば、娘の父が破産する事を悟り計画を抛って、幸福な生活に入る道を選んだ。



最後の手段と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「最後の手段」の関連用語

最後の手段のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



最後の手段のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2020 Weblio RSS