憚りとは?

はばかり【×憚り】

【一】[名]

はばかること。遠慮すべきこと。「大先に対して何の憚りもない」

差し支えること。差し障り。「実名を出すのは憚りがある」

人目をはばかる所の意から》便所

【二】形動[文]ナリ憚り様」に同じ。

お酌は—だが先生に願うで」〈二葉亭・其面影


はばかり【憚】

〔名〕 (動詞はばかる(憚)」の連用形名詞化

恐れつつしむこと。差し控えること。恐縮遠慮

(10C終)一一一「ただごえの関は、はばかりの関とたとしへなくこそおぼゆれ」

其面影(1906)〈二葉亭四迷〉二四「お酌は憚りだが先生に願ふで」

さしつかえがあること。さしさわり支障

源氏100114頃)賢木「よはひの程よりは、世をまつりごたむにも、をさをさはばかりあるまじうなむ」

③ (形動) 「はばかりさま憚様)①」の略。

黄表紙嗚呼奇々金鶏1789)「おちかつきのため、はばかりを申ませふ」

④ (人目をはばかる所の意) 便所はばかりじょ。はばかりば。

花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「あの人雪隠(ハバカリ)へ這入って居ようとは」


憚り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「憚り」の関連用語

憚りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



憚りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS