建設副産物とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 産廃用語 > 建設副産物の意味・解説 

建設副産物(けんせつふくさんぶつ)

 いわゆるリサイクル法再生資源の利用の促進に関する法律)の施行令第四表に定められている業種である建設業(他には高炉による製鉄業および製鋼・製鋼圧延業電気業)者が行建設工事において発生する建設廃棄物の内、「土砂コンクリートの塊、アスファルト・コンクリートの塊又は木材」と指定されているもの。建設業者再生利用義務付けることによって、再資源化廃棄物減量化の推進目的としている。


建設副産物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/08 23:30 UTC 版)

建設副産物(けんせつふくさんぶつ)とは、建設発生土など建設工事に伴い副次的に得られる物品の総称である。具体的には、建設現場に持ち込んで加工した資材の残りや、現場内で発生した物の中で工事中あるいは工事終了後その現場内では使用の見込みがないものをいう。




「建設副産物」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「建設副産物」の関連用語

建設副産物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



建設副産物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2020 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの建設副産物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS