年初来安値とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 年初来安値の意味・解説 

年初来安値

読み方:ねんしょらいやすね
英語:yearly low

大発会から現在までの間で一番安い株価のこと。為替相場商品先物相場などでも用いられる。

年初来安値は、その年4月から12月にかけて一番安い株価をつけた時に用いられることが多い。1月から3月にかけては前年安値比較して、安けれ昨年来安値表現することが多い。これは、比較する期間が短いと指標意味合い薄れるためとされる

なお、年初来安値に対して大発会から現在までの間で一番高い株価のことを年初来高値という。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「年初来安値」に関係したコラム

  • 株式の株価位置とは

    株式の株価位置とは、現在の株価が、ある期間の高値、安値のどの位の位置にあるかをパーセンテージで表したものです。株価位置は、年初来の高値と安値をもとに計算するのが一般的です。株価位置は次の計算式で求める...

  • 株式相場で用いられる高値、安値とは

    株式相場で用いられる高値とは、ある期間での一番高かった株価のことです。また、安値は、一番安かった株価のことです。また、高値、安値を付けた日は大商いの取引になったり、相場の転換点であったりすることがあり...

  • 株式投資のスクリーニングとは

    株式投資のスクリーニングとは、テクニカル指標や財務関連指標などを中心とした条件に合致した銘柄を抽出するシステムのことです。スクリーニングでは、テクニカル指標や財務関連指標の他に、投資金額や売買単位、業...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「年初来安値」の関連用語

年初来安値のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



年初来安値のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS