幌登草とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 幌登草の意味・解説 

ほろとそう (幌登草)

Campanula uemurae

Campanula uemurae

Campanula uemurae

ロシアサハリン中部、西サハリン山脈幌登岳(1,259m)から連山(750m)にかけて分布しています。わが国では戦前導入されたものが栽培されています。高さは1015センチほどで、卵状楕円形の互生します。青紫色の星形の花を咲かせます。詳細情報は見あたりません。
キキョウ科ホタルブクロ属多年草で、学名Campanula uemurae。英名はありません。
キキョウのほかの用語一覧
ホタルブクロ:  千島桔梗  白花山蛍袋  風鈴草  幌登草
ミゾカクシ:  ロベリア・エリヌス  溝隠し  沢桔梗





幌登草と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

幌登草のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

稚児車

紫露草

柴柳

シクラメン

錨草

蔓金梅

鏨草

細葉鳥兜





幌登草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2018 shu(^^). All rights reserved.

©2018 Weblio RSS