妻梁とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 建築用語 > 妻梁の意味・解説 

妻梁

【用  語】妻梁
よみがなつまばり
【意  味】
 妻側にあるのことです。

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

妻梁

切り妻小屋組で用いられる、妻側にある横架材のこと。軸組側面最上部で軒桁取合い小屋荷重を受ける。断面寸法は、荷重の状態および梁間柱間間隔などを勘案したうえで、材と共に切に決められる。軒桁との取合い仕口)は大入れ蟻落し羽子板ボルト締めとし、継手より持出し追掛け大栓継ぎ腰掛け鎌継ぎ腰掛け蟻継ぎなど用いる。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「妻梁」の関連用語

妻梁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



妻梁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2019 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2019 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.

©2019 Weblio RSS