土居八町とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 日本史辞典 > 土居八町の意味・解説 

土居八町 (どいはっちょう)

室町時代周防[すおう]国をおさめた大内おおうち]氏が東大寺認め領地のことです。もとの周防国府すおうこくふ]があった場所を指し、約860m四方考えられています。これは、周防国東大寺再建のために資金などを出すための領地になっていたといういきさつがあるからです。しかし、江戸時代には財政難苦し毛利[もうり]氏によって取り上げられてしまいます。

関連項目




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「土居八町」の関連用語

1
6% |||||

2
4% |||||

土居八町のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

足摺宇和海国立公園

フクロギツネ

親王

つるぎ

フィットタイプ

蝶結び

木槌

池田成彬





土居八町のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2018,Hofu Virtual Site Museum,Japan

©2018 Weblio RSS