分子内ヘック反応とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 分子内ヘック反応の意味・解説 

分子内ヘック反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/04/27 06:27 UTC 版)

反応するハロゲン化アリール(あるいはハロゲン化アルケニル)とアルケン同一分子内にある場合生成物環状化合物となる。 この反応は分子内ヘック反応と呼ばれる。 分子内ヘック反応では分子間のヘック反応比べ立体障害影響を受けにくいため、環を形成する反応として非常に有用である。 そのため立体的混雑して合成しにくい多環式の天然物の環構築などに利用されている。

※この「分子内ヘック反応」の解説は、「ヘック反応」の解説の一部です。» 「ヘック反応」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「分子内ヘック反応」の関連用語

分子内ヘック反応のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



分子内ヘック反応のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヘック反応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS