円安介入とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 円安介入の意味・解説 

円安介入

読み方:えんやすかいにゅう
別名:円安為替介入

中央銀行が円を買って為替相場コントロールすること。対円通貨への為替介入1つ。主に日本銀行日銀が行うことが多い。

円安介入は、主に米ドル円などの対円通貨の急激な円安傾向歯止めを掛けることを目的として行われることが多い。

円安介入は、日本銀行日銀)による単独介入ケースが多いが、円安歯止めが掛からない場合には各国中央銀行による協調介入が行われることもある。

なお、中央銀行が円を売って為替レート操作することを「円高介入」という。

関連サイト
日本銀行(日銀)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「円安介入」の関連用語

円安介入のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



円安介入のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS