六人部暉峰とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > 六人部暉峰の意味・解説 

六人部暉峰

読み方むとべ きほう

日本画家明治12年(1879)京都生。六人部是暉の二女。家は代々向日神社神職。名は貞栄。14才の時竹内栖鳳の門に入り傍ら岩本琴城宇田淵漢籍を学ぶ。日本絵画協会連合絵画共進会には第五回より第九回まで出品。また第四回内勧業博覧会その他の諸会にも出品して受賞している。皇后陛下に画を献納して以来宮内省より揮毫拝命を度々受けた。享年未詳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

六人部暉峰のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



六人部暉峰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS