何てとは?

なん‐て【何て】

[副]《「なんという」の音変化

驚いたり、あきれたり、感心したりする気持ちを表す。なんという。「何てだらしないんだ」「何てすばらしい絵だ」

どのように。なんと。「何て返事を書こうか」


なん‐て【何━】

〔副〕

① (「なんと(何━)いう」の変化したもの。「なんてえ」とも) 事態はなはだしさあきれたり反発したりする気持表わす体言修飾することもある。

真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝一六本当に此娘は何てえ物覚悪い娘だらう」

抱擁家族(1965)〈小島信夫〉二「何て眼で私を見ていたのよ」

② =なんと(何━)(一)

露芝(1921)〈久保田万太郎〉三「吉川先生は何ていってるの」


など‐て【何━】

〔副〕 (副詞「など」に助詞「て」の付いてできたもの) 「など」の疑問の意を強めいい方

伊勢物語(10C前)二八などてかくあふごかたみになりにけんもらさじと結びしものを」


なんて【何て】

方言味・解
なんて【何て】なんだって?〔よく聞こえなかった、よく理解できなかった場合


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「何て」の関連用語

何てのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



何てのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2021 博多弁推進会

©2021 GRAS Group, Inc.RSS