亀の手とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 亀の手の意味・解説 

かめ‐の‐て【亀の手/石蜐】

ミョウガガイ科の甲殻類海岸の岩の割れ目などに群生全長4センチくらい。頭状部は大小の爪状をした石灰質の殻板からなり、柄部は円筒形肉質満潮時に板の間から脚(つるあし)を伸ばし、餌を集める。

亀の手の画像

かめ‐の‐て【亀手・石蜐】

〔名〕 脚(つるあし)類ミョウガガイ科の節足動物北海道西南以南沿岸広く分布する。全長三〜四センチメートル外形亀の前あしに似て、三角形頭状部とそれを支える肉柄とから成る頭状部は三〇〜三四の爪状の殻板で包まれ、肉柄は細かい暗褐紫色鱗片でおおわれる海岸岩礁割れ目などに肉柄で付着し、殻板の間から状のあしを出しプランクトンなどを捕える雌雄同体で、ノープリウス呼ばれる幼生期を過ごす。食用にする地方もある。近縁種ツノカメノテ、トカゲカメノテなど。〔大和本草(1709)〕


亀の手

読み方:カメノテ(kamenote)

ミョウガガイ科の海産動物

学名 Mitella mitella



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「亀の手」の関連用語

亀の手のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



亀の手のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS