主要目的ルールとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 主要目的ルールの意味・解説 

主要目的ルール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/14 14:52 UTC 版)

主要目的ルール(しゅようもくてきルール)とは、募集株式の発行(新株発行)や新株予約権の発行が、現経営陣の支配権維持など不当な目的を主たる動機とする場合には、著しく不公正な方法による募集株式の発行等に該当するとして、その差止めを認めるが、それ以外の場合には差止めを認めないという、日本会社法における考え方[1]。日本の裁判例は基本的にこの考え方をとるといわれる。


  1. ^ 江頭憲治郎『株式会社法(第二版)』689頁注(3)参照。
  2. ^ 森本滋「新株の発行と株主の地位」法学論争104巻2号17頁など。
  3. ^ 川濱昇「株式会社の支配権争奪と取締役の行動の規制(三・完)民商法雑誌95巻4号496頁」
  4. ^ 大阪地決昭和48年1月31日金判355号10頁など。


「主要目的ルール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「主要目的ルール」の関連用語

主要目的ルールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



主要目的ルールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの主要目的ルール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS