一般社会税とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 一般社会税の意味・解説 

一般社会税

読み方:いっぱんしゃかいぜい
別名:一般化社会拠出金社会保障関連諸税la Contribution sociale généraliséeCSG

所得だけでなく年金不動産所得など、一部例外を除いたあらゆる収入に対して課される税金。一般社会税が導入されている国として、フランス広く知られているフランスでは1991年に一般社会税が導入された。

フランスでは所得税とは別にあらゆる収入に対して一般社会税が課せられている。一般社会税は社会保障関連諸税とも呼ばれ、税収は主に社会保障目的使用される。

2013年現在、その他の関連税を合計して、給与に8%、キャピタルゲインに15.5%の一般社会税が課せられている。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「一般社会税」の関連用語

一般社会税のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



一般社会税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS