ラインバーン商店街とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ラインバーン商店街の意味・解説 

ラインバーン‐しょうてんがい〔‐シヤウテンガイ〕【ラインバーン商店街】

Lijnbaanオランダ南西部港湾都市ロッテルダム中心部にある商店街第二次大戦ドイツ軍破壊された後、道路歩行者専用にして建設された。世界初歩行者天国として知られる。

ラインバーン商店街の画像
撮影Paul Lenz https://goo.gl/GBabMs

ラインバーン商店街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/02 16:23 UTC 版)

ラインバーン商店街(Lijnbaan)は、オランダロッテルダムの中心地にある商店街。旧商店街が1940年5月14日のドイツ空軍による空襲によって壊滅的な打撃を受けた後、1953年に建設された。道路を完全に歩行者専用としたため、最初に歩行者天国を始めた発祥の地と言われている。




「ラインバーン商店街」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラインバーン商店街」の関連用語

ラインバーン商店街のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラインバーン商店街のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラインバーン商店街 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS