グロヅカとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > グロヅカの意味・解説 

グロヅカ

原題:
製作国:日本
製作年:2005
配給:アドギア
スタッフ
監督:西山洋市 ニシヤマヨウイチ
プロデューサー:八木健太 ヤギケンタ

片嶋一貴 カタシマカズタカ
原作:久保忠佳 クボ
脚本:村田青 ムラタアオ
撮影:寺沼範雄 テラヌマノリオ
音楽:村山竜二 ムラヤマリュウジ
美術:佐々木記貴 

鈴木阿弥 サズキアヤ
編集:福田浩平 フクダコウヘイ
録音:臼井勝 ウスイマサル
その他:神山忠央 カミヤマタダオ

河野聡 カワノサトシ
キャスト(役名
森下千里 モリシタチサト (アイ
三津谷葉子 ミツヤヨウコ (マキ
黒澤友子 クロサワユウコ (ナツキ
福井裕佳梨 フクイユカリ (ユウカ
齋藤慶子 サイトウケイコ (ヤヨイ
安藤希 アンドウノゾミ (タカコ
伊藤裕子 イトウユウコ (ヨーコ
解説
山の中の一軒家に泊めてもらった山伏たちが、実は鬼である老女に襲われる能の代表的演目黒塚』。これに材をとって製作されたジャパニーズ・ホラー。ホラー・シリーズ「おんなだらけのこわいはなし」三部作第一作目出演は、グラビアをはじめCMドラマバラエティー幅広く活躍する森下千里NHK教育ハングル講座』の三津谷葉子など若手アイドル多数
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
女子大生アイ森下千里)とマキ三津谷葉子)は、演劇研究部ナツキ黒澤友子)、ユウカ福井裕佳梨)、ヤヨイ齋藤慶子)らを巻き込んで、映画研究部復活第一作を撮影のため合宿企てた。出発当日、彼女らの前に予期せぬ人物現れる引き篭もりタカコ安藤希)とマキの姉で、かつて映研部員だったヨーコ伊藤裕子)の二人道中ヨーコが運転すワゴン車の中で、ユウカヨーコ尋ねる。「映研で七年前に行方不明になったり、発狂した人が出たとか…」。しかし、ヨーコキッパリと否定するだけだった。一行が着いたのは、人里離れた山奥にある寮。その晩、アイ部室見つけたというビデオ鑑賞することになる。そのビデオは、能で嫉妬に狂った役に使う“泥眼”の面を着けた人物藁人形釘を打つ不気味場面で始まる。やがて、浮き上がる「グロヅカ」というタイトル椅子に座っている泥眼映し出されるが、その場所はどうやら今、自分たちが泊まっている寮の庭らしい。場面変わり卒塔婆の立っている場所で泥眼は、やはり能で使う増女の面を着けた人物頭部ナタ打ち下ろす…。騒然となる部員たちを一括するヨーコマキはこの時、その噂を元にしたドラマを撮ろうとしていることを打ち明ける翌朝、持ってきた食料がなくなっていることが判明する。いったい誰が彼女たちの間に不信感募るその後アイマキ昨晩観たビデオに出てきた場所を見つけようと散策する。やがてその場所発見するが、そこには人がひとり入れる程の大きさの穴があった。同じ頃、オーディション用のビデオ撮影しているナツキユウカヤヨイ三人ナツキ我がままぶりに愛想をつかしたユウカヤヨイは、上手いことを言ってその場離れる一人残されたナツキ森の奥から見詰める眼が…。その日夕方、山で採ってきた山菜料理していたユウカが、突然痙攣起こす。どうやら、ユウカ毒キノコを口にしたらしい事故か、それとも誰かが故意に混ぜたのか。彼女たちの間の不信感はさらに濃くなっていく。

グロヅカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/20 05:56 UTC 版)

グロヅカ』は2005年に製作された日本のホラー映画である。「おんなだらけのこわいはなし」第1弾として製作された。




「グロヅカ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グロヅカ」の関連用語

グロヅカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



グロヅカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグロヅカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS