カンタベリー地震_(2011年)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > カンタベリー地震_(2011年)の意味・解説 

カンタベリー地震 (2011年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/15 23:16 UTC 版)

2011年カンタベリー地震(2011ねんカンタベリーじしん)は、2011年2月22日12時51分(現地時間[2])にニュージーランドカンタベリー地方で発生したモーメントマグニチュード(Mw)6.1の地震である[3]。特に被害を受けた都市クライストチャーチの名を取って「クライストチャーチ地震」「リトルトン地震[4]、また単に「ニュージーランド地震(NZ地震)」と呼称される場合もある。




  1. ^ a b c 朝日新聞』2011年3月1日付1面
  2. ^ 通常はUTC+12であるがサマータイムを実施しているため、実際の時刻より1時間進んでいる。
  3. ^ a b Magnitude 6.1 - SOUTH ISLAND OF NEW ZEALAND 2011 February 21 23:51:43 UTC(2011年2月25日時点のアーカイブアメリカ地質調査所
  4. ^ ニュージーランド,Mw7.1ダーフィールド地震に伴った地表地震断層 活断層研究会
  5. ^ 主な余震については、「en:February 2011 Christchurch earthquake#Main aftershocks since 22 February 2011」参照。
  6. ^ Magnitude 6.1 - SOUTH ISLAND OF NEW ZEALAND 2011 February 21 23:51:42 UTC #Summary(2011年5月10日時点のアーカイブ) アメリカ地質調査所
  7. ^ 遠田 晋次:ニュージーランド南島クライストチャーチにおける2010年9月の本震と2011年2月の最大余震 第四紀研究 Vol. 50 (2011) No. P157-159
  8. ^ <NZ地震>震度6強に相当…940ガル「阪神」並みの揺れ 毎日新聞 2011年2月23日 事業継続(BCP)のための災害対策
  9. ^ “NZクライストチャーチで地震、M5.8が2回”. AFPBB News. (2011年12月23日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2847305/8227247 2011年12月23日閲覧。 
  10. ^ a b 遠田晋次:ニュージーランド南島クライストチャーチにおける2010年9月の本震と2011年2月の最大余震 第四紀研究 Vol. 50 (2011) No. 3 P 157-159
  11. ^ (2011/02/25) 2011年02月22日 ニュージーランド南島で発生した地震による強震動 防災科学技術研究所
  12. ^ 2011年クライストチャーチ地震の強震記録 京都大学 防災研究所
  13. ^ Rebecca Howard; Lucy Craymer (2011年2月22日). “ニュージーランドでM6.3の地震―日本人負傷者も”. ウォールストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/World/node_186085 2011年2月22日閲覧。 記事は現在表示されず。
  14. ^ “ニュージーランド南島でM6.3 複数死者と現地報道”. 共同通信. (2011年2月22日). オリジナルの2011年2月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110224033524/http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011022201000166.html 2011年2月22日閲覧。 
  15. ^ “NZ地震で最大規模の液状化…日本研究者ら確認”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110302-OYT1T00027.htm?from=navr [リンク切れ]
  16. ^ 在ニュージーランド日本大使館 (2011年2月23日). “クライストチャーチにおける地震の発生(2月24日)”. 2012年2月7日閲覧。
  17. ^ “NZ地震:ビル崩壊現場の捜索打ち切り 生存者なしと判断”. 毎日新聞. (2011年3月3日). オリジナルの2011年3月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110304052349/http://mainichi.jp/select/world/news/20110303k0000e040057000c.html 2011年3月3日閲覧。 
  18. ^ List of deceased – Christchurch earthquake New Zealand Police
  19. ^ “NZ地震:新たに2遺体をCTVビルで発見”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/world/news/20110306ddm041030132000c.html [リンク切れ]
  20. ^ A fost găsit trupul româncei dispărute în timpul cutremurului din Noua Zeelandă Antena3 2011年3月22日
  21. ^ 全員、地震発生当時CTVビル内におり、崩壊後に発生した火災により遺体のDNA鑑定ができず身元特定に至らなかったため、現場の遺留品や当日の目撃証言、銀行口座や携帯電話の使用記録、パスポートの入出国記録など周辺情報を総合して検視官が死亡と認定したWork to identify earthquake victims completed”. New Zealand Police (2011年9月8日). 2016年2月24日閲覧。
  22. ^ 'Extraordinary' Christchurch quake victim inquest”. New Zealand Police (2011年5月16日). 2016年2月24日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g CTVビル3階の2001年から入居していた語学学校は2010年12月20日か21日に移転していた。Royal Commission to inquire into the Canterbury Earthquakes Established 2011年3月14日
  24. ^ “How To Contact Us”. (2010年7月8日). https://web.archive.org/web/20100708020318/http://www.kingseducation.co.nz/index.php?name=contact_us 2015年12月4日閲覧。 
  25. ^ Susan Selway Established 2011年2月26日
  26. ^ 児童保護部の女性職員が臨床心理学者を公務で訪問中に殉職した。Officers and staff who died as a direct result of duty”. New Zealand Police (2012年12月29日). 2015年12月5日閲覧。
  27. ^ “「ねじれ無視」で全層崩壊、ビル設計者を断罪 NZ地震”. 日本経済新聞. (2012年12月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2801N_Y2A221C1000000/ 2015年11月26日閲覧。 
  28. ^ “【NZ地震】日本人被災のビル 前回の地震でひび”. テレビ朝日. (2011年2月27日). http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210227008.html 2011年3月4日閲覧。 [リンク切れ]
  29. ^ “昨年の地震でビルにひび、市当局は「安全」NZ地震”. 朝日新聞. (2011年2月27日). http://www.asahi.com/special/newzealand/TKY201102260438.html 2011年3月5日閲覧。 
  30. ^ “CTVビルの壁にドリルで穴=隣接建物の解体工事で-NZ地震前日”. 時事通信. http://www.jiji.com/jc/zc?k=201102/2011022800108 [リンク切れ]
  31. ^ “建築技師抜きで「安全」=昨秋の外観調査で当局-国の指針にも違反か・NZ大地震”. 時事通信. (2011年3月4日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011030400788 2011年3月5日閲覧。 [リンク切れ]
  32. ^ “被災したCTVビルについて現地メディア「前日に穴開けられた」”. フジテレビ. (2011年2月28日). オリジナルの2011年3月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110303222800/http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00193877.html 2011年3月4日閲覧。 
  33. ^ “市長「最後はビルのオーナーの責任」NZ地震ビル倒壊”. 朝日新聞. (2011年2月28日). http://www.asahi.com/special/newzealand/TKY201102280060.html 2011年3月5日閲覧。 
  34. ^ “CTVビルの安全管理、現地市長が説明を二転三転”. 産経新聞. (2011年2月28日). オリジナルの2011年3月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110303125330/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110228/dst11022822350011-n1.htm 2011年3月5日閲覧。 
  35. ^ “NZ地震、王立委員会設置しビル崩壊原因を究明”. 読売新聞. (2011年3月3日). オリジナルの2011年3月7日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20110307011606/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110303-OYT1T00894.htm 2011年3月4日閲覧。 
  36. ^ “NZ首相「倒壊ビル、警察が捜査」刑事責任追及”. 朝日新聞. (2011年3月1日). オリジナルの2011年3月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110302224253/www.asahi.com/international/update/0301/TKY201103010180.html 2011年3月5日閲覧。 
  37. ^ “NZビル倒壊「建築基準満たさず」調査結果、強度不足など指摘”. 日本経済新聞. (2012年2月9日). http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E2EBE2E3888DE2EBE2E0E0E2E3E09180E2E2E2E2 2012年2月11日閲覧。 
  38. ^ 最終報告書第6巻CTVビルディング第9節:結論と勧告の要旨 日本語訳 カンタベリー地震王立委員会
  39. ^ Final Report - Part Three (Volumes 6)me 6 Canterbury Television Building (CTV) The Canterbury Earthquakes RoyalCommission
  40. ^ “NZドル:米ドルと円に対し年初来安値-地震や中東情勢緊迫化で”. Bloomberg. (2011-0 2-22). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LGZTDC6K50YI01.html 2012年2月6日閲覧。 
  41. ^ “「情報収集を徹底」菅首相が対策会議緊急招集”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年2月22日). オリジナルの2011年2月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110227004302/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110222/dst11022218090013-n1.htm 2011年2月22日閲覧。 
  42. ^ “政府が調査チーム派遣、国際緊急援助隊派遣も検討”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年2月22日). オリジナルの2011年2月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110225110534/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110222/dst11022220470021-n1.htm 2011年2月22日閲覧。 
  43. ^ “菅首相:70名の緊急支援隊、あす未明現地に到着予定-NZ地震”. Bloomberg. オリジナルの2011年4月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110403155141/http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920019&sid=agnM.w0g6aC0 
  44. ^ a b c “各国救助隊が続々現地入り 日本も最新鋭機器で救出活動本格化”. 産経新聞. オリジナルの2011年3月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110301043215/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110225/dst11022522170025-n1.htm 
  45. ^ (最終報)ニュージーランド南島地震被害報 消防庁 (PDF)
  46. ^ “ラグビーW杯への影響の判断は時期尚早 IRBが声明”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年2月23日). オリジナルの2011年3月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110303200153/http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110223/oth11022300330000-n1.htm 2011年2月23日閲覧。 
  47. ^ “米国が緊急援助隊を派遣 現地時間の23日には到着”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年2月23日). オリジナルの2011年2月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110228081058/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110223/amr11022311050002-n1.htm 2011年2月23日閲覧。 
  48. ^ a b c “倒壊の語学学校ビルから数人の遺体 日本隊が救助開始”. 朝日新聞. (2011年2月24日). オリジナルの2011年2月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110227094223/www.asahi.com/national/update/0224/TKY201102240108.html 
  49. ^ “NZ地震の死者、144人に 出火やガス漏れも”. 朝日新聞. (2011年2月26日). オリジナルの2011年2月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110227101616/www.asahi.com/national/update/0226/TKY201102260100.html 
  50. ^ “【NZ地震】韓国の救助隊派遣「拒否」口蹄疫が理由?ニュージーランド政府”. 産経新聞. オリジナルの2011年2月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110227115928/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110224/dst11022421210032-n1.htm 
  51. ^ “Two reporters arrested in Christchurc”. MSN_NewZealand. (2011年2月24日). オリジナルの2011年2月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110227004541/http://news.msn.co.nz/article/8215966/two-reporters-arrested-in-christchurch 2011年2月24日閲覧。 
  52. ^ “NZ大地震で日本人記者逮捕? 病院取材で不法侵入か”. J-CASTニュース. (2011年2月24日). http://www.j-cast.com/2011/02/24088938.html?p=all 
  53. ^ “Christchurch quake: five reporters kicked out”. Stuff.co.nz. (2011年3月2日). http://www.stuff.co.nz/national/christchurch-earthquake/4722503/Christchurch-quake-Japanese-reporter-kicked-out 2011年3月2日閲覧。 
  54. ^ “NZ地震トラウマで家庭内暴力が急増”. ニューズウィーク日本版. (2011年3月1日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/03/post-1994.php 
  55. ^ “NZ地震:富山市長「語学研修で被災の学生は自己責任」”. 毎日新聞. (2011年7月2日). オリジナルの2011年7月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110703132433/http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110702k0000m040067000c.html 
  56. ^ ラグビーワールドカップ2011 「日本代表 vs ニュージーランド代表」試合前哀悼セレモニーについて ラグビー日本代表公式サイト 2011年9月11日


「カンタベリー地震 (2011年)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カンタベリー地震_(2011年)」の関連用語

カンタベリー地震_(2011年)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カンタベリー地震_(2011年)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカンタベリー地震 (2011年) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS