ウルウルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ウルウルの意味・解説 

うるうる

別表記:ウルウル

感涙で目が潤んでいる様子を示すオノマトペ

CARRY LOOSE

(ウルウル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/26 08:50 UTC 版)

CARRY LOOSE(キャリールーズ)は、日本の4人組女性アイドルグループWACK所属。略称は「キャリルー」




  1. ^ Inc, Natasha. “WACK新グループ結成!元BiSパン&YUiNA、WAggウルウ・ルと活動するメンバー募集” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年9月4日閲覧。
  2. ^ Inc, Natasha. “元BiSパン&YUiNAらの新グループ・CARRY LOOSE、デビューアルバム発売決定” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年9月4日閲覧。
  3. ^ Inc, Natasha. “【ライブレポート】BiSとCARRY LOOSE合同イベント大盛況、キャリルーついにお披露目(写真24枚)” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年10月9日閲覧。
  4. ^ Inc, Natasha. “CARRY LOOSE、無料チェキ1万枚の撮影会「10000CARRY CHEKI」全国で開催” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年10月9日閲覧。
  5. ^ TPaletteのツイート(1182287187519258624)
  6. ^ TPaletteのツイート(1183181998866620416)
  7. ^ CARRY_LOOSEのツイート(1183744270932430848)
  8. ^ BiS対CARRY LOOSE、メインアクトの座を懸け200km駅伝バトル”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年10月10日). 2019年11月28日閲覧。
  9. ^ 渋谷~熱海往復200kmを走破!BiS vs CARRY LOOSE対抗駅伝の勝者はCARRY LOOSE”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年11月4日). 2019年11月28日閲覧。
  10. ^ Inc, Natasha. “CARRY LOOSE、11月に初ワンマン「ゆるくはこんでください」” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年10月9日閲覧。
  11. ^ 【REPORT】CARRY LOOSE、初ワンマン「途切れた夢の続きを取り戻しに来ました」” (日本語). storywiter. 2019年11月5日閲覧。
  12. ^ CARRY LOOSEとBiS、駅伝バトルの末に繰り広げた熱いツーマンライブ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年11月24日). 2019年11月28日閲覧。
  13. ^ CARRY LOOSE『CARRY LOOSE』 WACKの新グループが語る、それぞれの再始動と夢の続き”. Mikiki (2019年10月28日). 2019年11月1日閲覧。
  14. ^ CARRY LOOSEの作品”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年10月30日閲覧。
  15. ^ WACK所属グループ全組出演!全国ツアー「WACK FUCKiN'PARTY」開催決定”. 音楽ナタリー (2019年11月27日). 2019年12月14日閲覧。
  16. ^ Inc, Natasha. “BiSH、豆柴の大群も出演「WACK FUCKiN'PARTY」各グループ持ち時間発表” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年12月19日閲覧。


「CARRY LOOSE」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウルウル」の関連用語

ウルウルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウルウルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCARRY LOOSE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS