アンチ・オイディプスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > アンチ・オイディプスの意味・解説 

アンチ・オイディプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/19 02:33 UTC 版)

アンチ・オイディプス』(Anti-Oedipus)は、1972年に哲学者ジル・ドゥルーズと精神科医フェリックス・ガタリによって発表された著作であり、また『資本主義と分裂症』のシリーズの第1巻である。この著作は、人類学から派生して研究されていた構造主義を踏まえつつ、精神科医のジークムント・フロイトにより主張されていた学説に対して批判を加える哲学的な研究であった。ドゥルーズとガタリは、1968年にフランスで五月革命が発生した後に出会い、この著作をはじめとして『千のプラトー』、『カフカ』、『哲学とはなにか』を共著で発表している。それまで、ドゥルーズは西欧で前提とされてきた形而上学を批判し、ガタリは従来の精神医学の革新を主張していた。この著作では、人間の精神、経済活動、社会、歴史などさまざまな主題を扱っており、全体としては4部から構成されている。




「アンチ・オイディプス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アンチ・オイディプス」の関連用語

アンチ・オイディプスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アンチ・オイディプスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンチ・オイディプス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS