ゆきおこしとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 但馬方言 > ゆきおこしの意味・解説 

ゆき‐おこし【雪起(こ)し】

雪国で、の降る前に鳴る。《 冬》「唯一大きく鳴りぬ―/虚子


ゆきお’こし

但馬方言共通語用例備考
ゆきお’こし 雪が降る直前発生する ゆきおこしがなっとるしけー、明日雪になるぞ。 方言といえるほどのものではないが、の多い但馬らしい語彙である。この項目を書いている今、「ゆきおこし」が激しくなっている。夜更け過ぎに、へと変わるだろう…。("Christmas Eve"の歌詞より。)

ゆきおこし【雪起こし】

品詞名詞
用例》「ゆきおこしがなっとるけえ、もうじきが降らあーぞい」(初雪予告するが鳴っているから、もうすぐ雪が降るでしょうね)。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ゆきおこしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゆきおこしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
但馬方言のページ但馬方言のページ
Copyright (C) 2000-2021 TANIGUCHI Yutaka
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2021 gonbe007

©2021 Weblio RSS