なごしのはらえとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > なごしのはらえの意味・解説 

なごし‐の‐はらえ〔‐はらへ〕【夏越しの×祓】

陰暦6月晦日(みそか)に、罪やけがれを除き去るため宮中および諸社行われる祓の行事(ち)の輪をくぐったり人形(ひとがた)を作って身体をなでて清め、それを流したりした。輪越しの祭り。みなづきばらえなごしのみそぎなつばらえ。《 夏》


なごしのはらえ 【夏越の祓】

六月晦日行われる大祓神事神社参詣人に茅の輪チガヤを紙で包み束ねて輪にしたもの)をくぐらせて祓い浄める邪神和めるの意があるという。水無月祓


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

なごしのはらえのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



なごしのはらえのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS