たるいとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 北海道方言 > たるいの意味・解説 

だる・い【怠い/×懈い】

[形][文]だる・し[ク]《「たるい」とも》

疲れ病気などで、からだを動かすのがおっくうである。かったるい。「高熱全身が―・い」

しまりがない。ゆるい。

「縄ガ―・イ」〈和英語林集成

下髪(さげがみ)の―・い姿」〈浮・男色大鑑・七〉

のろい。不十分である。

「ちっと商ひが―・いと」〈伎・四谷怪談

[派生] だるげ形動だるさ[名]


たるい〔たるゐ〕【垂井】


たるい

・い [形] だるい。かったるい気が進まない。→かったるい

たるい

名古屋弁共通語用法
たるい つまらない た~るいやっちゃなあ
(つまらない 奴だなあ)

垂井

読み方
垂井たるい

樽井

読み方
樽井たるい


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たるい」の関連用語

たるいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



たるいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2020 by akaringo. All rights reserved.
世界最強なごやべん大辞典世界最強なごやべん大辞典
Copyright (C) 世界最強のなごやべん大辞典 All Rights Reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2020 Weblio RSS