こうぜんごこくろんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 国論 > こうぜんごこくろんの意味・解説 

こうぜんごこくろん 【興禅護国論】

日本最初の禅書。栄西著。三巻。1198年成立。宋から帰国した栄西が,論難に対し,臨済禅護国思想主張した書。禅宗独立宣言し,宗義を述べる。

こうぜんごこくろん 【興禅護国論】

三巻。栄西著。栄西が宋で修行請来した禅宗宣揚した書。禅を興すことが国を守護することになると説く。→ 栄西





こうぜんごこくろんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「こうぜんごこくろん」の関連用語

こうぜんごこくろんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



こうぜんごこくろんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS