おためごかしとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > おためごかしの意味・解説 

お ためごかし [4] 【御し】

〔「ごかし」は接尾語
表面いかにも相手のためであるかのようにいつわって、実際自分利益をはかること。 「 -を言う」



御為倒

読み方:おためごかし

  1. 当人利益になるが如く云ひて説き、内実自己の利益のみを計ること。「-に説き落した」。
  2. 他人の利を謀るに托して実は自家の利を営むを言ふ。コカシは倒すの意味。
  3. 〔俗〕他人の利を謀るに托して実は自分の利を富むをいふ。ゴカシは倒すの意味。
  4. 他人利益謀るように見せかけて、実際自分の利を貪ること。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「おためごかし」の関連用語


2
御為倒し 国語辞典
100% |||||

3
綺麗事 国語辞典
100% |||||

4
36% |||||






おためごかしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アンスリウム・アムニコラ

田子雅

ラミレスゾウカブト

送電線

地獄底

カンプトサウルスの一種

九州中央山地国定公園

SAS





おためごかしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2018 Weblio RSS