信越富士通 信越富士通の概要

信越富士通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/13 16:52 UTC 版)

信越富士通株式会社
SHIN-ETSU FUJITSU LIMITED
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
389-1313
長野県上水内郡信濃町大字古間1300
設立 1964年5月14日
業種 電気機器
代表者 代表取締役社長 佐々木 政照
資本金 2億500万円
売上高 130億円
従業員数 300名
主要株主 富士通(100%)
主要子会社 北信電子
外部リンク http://jp.fujitsu.com/group/sef/
テンプレートを表示

主な事業

富士通向け補助記憶装置システムや、自社事業としてパソコンや携帯電話向けのプリント基板の微細な穴開け加工・実装、データ障害の復旧事業[1]などを行っていた。

沿革

  • 1964年 - 会社設立
  • 2012年8月31日 - 同社事業を2012年中に終了し、記憶装置関連事業は石川県内の拠点に、プリント基板関連事業は長野市の富士通インターコネクトテクノロジーズ(FICT)に、その他の事業は富士通子会社の新光電気工業に移管すると発表した[2]。同社はFICTに吸収合併され、黒姫事業所としてプリント基板関連事業を引き継ぐ[3]
  • 2013年1月1日 - FICTに吸収合併。

脚注





「信越富士通」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

信越富士通のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




信越富士通のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの信越富士通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS